今日も私のブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。
毎日ひとつずつ書き続けて、今回が連続200投稿となりました。
これもひとえに、読者であるあなたのおかげです。
いつも本当にありがとうございます。

毎日の閲覧数もずいぶん伸びてきまして、
一日だいたい1500~2000PV(ページビュー)です。
今日は、200投稿を記念して、
ポチッと押して、私へのプレゼントにして下さい。
よろしくお願いします。

このマラソンブログは、だいたい6~10位あたり、
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

こちらのブログランキングは、だいたい4~8位あたりです。
人気ブログランキングへ
さて、今は何位になっていましたか?

今日は200投稿目ですので、
100投稿目と同様に、私のプライベートなお話を書きます。
100投稿目の話→生きているからこそ走れる

運動オンチの私がなぜ、マラソンを始めたのか?

ずいぶん前の事ですが、
テレビで発達障害者のドキュメンタリー番組を見ました。
彼らは「ガマンする」ということができないそうで、
鉄棒にぶら下がるガマンができないそうです。
しんどくなると、すぐ諦めてしまう。
だから長くぶら下がることができないそうですが、
そんな彼らがフルマラソンに挑戦するという話でした。
何度も何度も諦めながら練習して、
最後は完走したのでビックリしました。

私は五体満足に生きてきて、あんなに頑張った経験はあるのか?
自問自答しました。
生きていることは挑戦すること。
そんなカッコいい言葉に表せない自分が恥ずかしく思えました。

いつかはフルマラソンを走ってみたい。
その時、そう思ったのです。
だから私は次の日から走り始めました。
しかしまったく続かなかったのです。
私の性格、人生、そんなもんです。
何かに誘発されて始めるけれど、すぐ諦めてしまう。
結局、何も得ないまま終わるのです。

そのまま長い年月が経ちました。
その間、仕事は転職、転職と繰り返し、彼女とも長く続かず、
一度は結婚したけど、長く続かず、
何をとってもひとつの物事を長く続けたことがありません。

そんな折、1995年1月17日の阪神・淡路大震災で被災。
「生きる」ということを改めて考えさせられました。
ビルや家が一瞬にして潰れ、命すら一瞬で無くなった。
目の前の光景を現実のものと受け入れることができず、
それでも生きていこうとする人たち。
私自身、生きる力を失っていたのですが、
生きていく力を得たのが「音楽」でした。

今まで何も続かなかった私ですが、
ずっと好きだったのが「音楽」。
その音楽が生きていく活力を与えてくれました。
音楽の力に助けられたのです。
やるだけやってみようと、音楽の世界に飛び込んで、
ようやく天職を見つけたかのように思えたのに、
人に騙され、挫折。
挫折というより、失敗です。

途方に暮れていた時に交通事故に遭い、災難続き。
そんな時に出会ったのが整体の世界でした。
それから整体師に転職。
整体師として独立開業するために奈良へ引っ越し。
それからしばらくして、奈良マラソンの宣伝を見ました。
「よし、今なら走れそうだ!」
自分にそう言い聞かせて、フルマラソンにエントリー。
昔は挫折したけれど、再挑戦する気になったのです。
「有言実行」するために、
奈良マラソンを走ろう!というブログを開始。
これまでいつでもやってきたことですが、
自分を自分で追い込むやり方。
そして、めでたくフルマラソン完走。
去年は2回目に挑戦して、タイムも縮めることができました。

ある本で読みました。
若い時は、ノウハウをどんどん吸収して成長する。
しかし、ノウハウというものは貯め込んでいても役に立たない。
ノウハウは提供して初めて人の役にたつ。
そんなことから、私が知っている事は全部伝えていきたいと思い、
このブログを始めました。

整体の世界に入ってから学んだことです。
「人のためになる」
「人を喜ばせる」

そんな想いで今は整体師をやっています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================