先日のストレッチ&エンジョイラン・クリニックの時、
私の走るフォームを皆さんに見ていただきましたら、
「楽に見える」と言われました。

無理なく楽に走っている

私がこれまでに書いてきた、まんまの事です。

自分で自分が走る姿を見る機会なんてないので、
私自身も良く分かっていませんでしたが、
確かに楽に見えるそうです。

その後、お話を聞くと、
体重移動で進むということが一番難しそうでした。
詳しいやり方は、こちらを見て下さい。
楽に長く走る方法/2、体重移動で身体を前へ進める

なぜ、私には容易くこれができたかと言いますと、
運動オンチだったからではないかと思います。

学生時代は体育の授業が一番嫌いで、
運動会なんて、この世から無くなれば良いのに、
とさえ思っていました。

短距離走はダメ、長距離走もダメ、
ボール投げさせても届かない。
とにかく子供の頃は外で遊ぶのがイヤでした。
近所の男の子は、野球やサッカーをしていましたが、
私は女の子とおままごとをして遊んでいたくらいです(笑)

そんなことから、「走る」ということが不得意で、
ちゃんと走ることができませんでした。
だからだと思うのですが、今も偏平足です。
整体師の見習い勉強の時には、
「君はかけっこが遅かったでしょう?」なんて言われました。
偏平足の人はかけっこが遅い。
そんなの常識です。

しかも、外反母趾。
外反母趾は、偏平足からなることもあるそうなので、
私の場合はきっとそれです。

でも、偏平足、外反母趾の人も大丈夫!
エンジョイラン走法で楽に走れるようになります。

さらに交通事故の後遺症が2ヶ所。
左足の膝と、右足の甲。
ちょっと頑張ると、どちらも痛みが出ます。

身体に少々不利な事があっても大丈夫!
エンジョイラン走法で楽に走れるようになります。

こんな身体だから運動することなんてなかったです。
それなのに、なぜ走るようになったのか?
その話はまた今度にするとして、
こんな身体だからこそ、
楽に走る方法を見つけることができたんだと思います。

これまででも、みんな口々に
「体重移動で前へ進むことが難しい」と言われます。
子供の頃からかけっこして走っているから、
「足で走る」ということが身についているからでしょう。
トップページの上にも書いていますが、
「楽に走りたければ、走らないこと。」
この真意が分かれば、
エンジョイラン走法が簡単にできるようになります。


ようするに、
走るという、固定概念を捨てること
です。

ちょっとやってみて、すぐにできないと決め付けるのではなく、
何度もやってみてやっとできることありますよね。
そんなもんですよ、きっと。
決めつけず、何度かやってみて下さい。
それは何も過酷なことをやるよう勧めているのではなく、
その逆で、力を抜いて楽にやって下さいと言っているのですから。

偏平足、外反母趾、膝と甲に故障持ちの、
私が見つけた楽に走る方法です。
きっとあなたにもできるはずです。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================