昨日のストレッチ&エンジョイラン・クリニックでは、
ひとりひとりに、ご自身の身体を自分でチェックしていただきました。
では、ある人のチェックシートをご覧ください。

赤丸のドットは、痛いところ、
赤く囲んであるところは、張っていたり、もやっとしているところに
印を入れていただきました。
ストレッチクリニック-1
1枚目は、ストレッチを始める前にチェックしていただきました。

ストレッチクリニック-2
2枚目、部屋でのストレッチ後

ストレッチクリニック-3
3枚目、ランニングのフォームチェックと、外でストレッチをした後、
体育館へ戻って、一日の最終チェックです。

痛みや違和感がだんだんと
減っているのがお分かり頂けると思います。


ストレッチをするとかしないとか関係なく、
まず、自分の身体のどこに痛みがあり、
どこが張っているのかを確認することが大切なのです。
日頃はなんとなく思っているだけでも、
こうやってチェックシートを付けることで、はっきりします。

以前、「筋肉と会話する」というお話を書きましたが、
このチェックシートは、会話した内容なのです。
会話することができたから、記入ができたのです。
会話さえできれば、ストレッチは簡単にできるようになります。

ストレッチの形や技術を教わっても何も役立ちません。
筋肉と会話する方法を身に付けることが大切です。


ですから、私は今回のクリニックでは、
会話する方法をお伝えしただけです。
会話ができれば、身体の変化に気付くことができますし、
身体の悲鳴を聞くことができます。
それが慣れてくれば、悲鳴を上げる前に対処できるようになります。

そして、身体からの喜びを聞けるようになれば、
楽しい生活が送れることは間違いありません。

こちらの記事も参考にお読みください。
筋肉と会話する
私は筋肉痛になりません!
ストレッチを何分やらなくてはいけませんか?
ストレッチは全部やらなければなりませんか?

クリニックの内容はこちらも見て下さいね。
ストレッチ&エンジョイラン・クリニック開催しました
ストレッチをして身体が楽になった


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================