「O脚なのですが・・・」という質問やコメントを
これまでにいくつかいただいておりました。
しかし、「ガニ股なのですが・・・」という質問を受けたことがありません。
それは、「O脚=ガニ股」あるいは、
「ガニ股はO脚の一種だ」という解釈があるからでしょう。

「日本人のほとんどの人がO脚である」という文章を読んだことがあります。
これはO脚という解釈をどうとらえるかによって、
正しいとも間違っているとも言える文章なのです。

O脚とガニ股の図を書いてみました。
O脚とガニ股
パッと見は同じです。
足を揃えて立った時に、
ひざ頭がひっつかないことを一般的に「O脚」と呼びます。
しかし細かく分けると違いがあります。
O脚は、ひざ頭が内向き、
ガニ股は、ひざ頭が外向きです。


巷では「O脚矯正」という言葉をよく目にします。
良く考えてみて下さい。
このO脚矯正をアピールしているのは、
おそらく100%、女性がターゲットです。

私はこのO脚矯正の事を勉強するまでは、
「女性は見た目を気にするからだ」と思い込んでいました。
確かに、病的な心配より、見た目重視で矯正を受ける人が多いです。
現に私の整体院へO脚矯正のために来院されるのは女性だけ。
しかも年齢は上は65歳の人までいます。
その人が一番最初に来られた時に、
「スカートを履いた時に、O脚だと恥ずかしい」と言われたのです。
いくつになってもこのような恥ずかしさが残るような女性を
妻としてみたいものですよね(笑)
話が反れましたが、
上の図を元に、O脚とガニ股を別だと解釈すれば、
O脚は、女性の方が多く、
ガニ股は、男性の方が多い。


だから巷の広告も男性向けには宣伝しないし、
また見た目にも男性は気にしないので、
「ガニ股矯正しませんか?」なんて宣伝しても、
きっと誰も来ないのでしょう。

なぜ今この話をしているかと言いますと、
「O脚とガニ股では、矯正の仕方が異なるから」です。
O脚になる理由と、ガニ股になる理由は違いますが、
膝への負担が大きいということは同じです。

それでなくてもマラソンは膝に大きく負担がかかります。
足がまっすぐ出るように、日常生活の中で気にかけて下さい。
先天性な場合を除き、原因は生活習慣にあるからです。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================