昨日に引き続き、腰~背中へかけてのストレッチです。
まずスクロールして、写真を連続で5枚見て下さい。
IMG_3364 腰ひねり
IMG_3365 腰ひねり
IMG_3366 腰ひねり
IMG_3367 腰ひねり
IMG_3369 腰ひねり
IMG_3371 腰ひねり

四つん這いから、右足を後ろへ引いて、腕を倒しました。
では、5枚目の写真にちょっと印を入れてみます。

IMG_3371 腰ひねり-2
赤い線のように身体がねじれているのが分かりますか?
では、もう少し写真をアップにしてみます。
決して、死体ではありません(爆)
IMG_3371 腰ひねり-3
Tシャツがねじれているのが分かりますでしょ?
筋肉にも同じようなねじる力が働いています。
これが、腰~背中にかけて「ねじる」ストレッチです。

右足を後ろへ引けば引くほど、ねじれが大きくなります。
ですので、身体の硬い人は、右足の角度で調整して下さい。
それから右肩の倒し方でも変わります。
ご自身で気持ち良いところを探って、いろいろ試してみて下さい。
ただし、意識は「腰から背中にかけて集中」させて下さいね。


では、次にこのバリエーションです。
IMG_3372 腰ひねり
5枚目の写真から、上体を起こして右腕を後ろへやります。
これで、右腰~背中右側~右肩甲骨辺りまでストレッチできました。

そこからさらに、バリエーションです。
IMG_3373 腰ひねり
さっきの形から、今度は右腕を上の方へ伸ばします。
これで、右腰~背中右側~右脇辺りがストレッチできています。

ストレッチは、形ではなく、気持ちです。
この写真の通りにする必要はありません。
一人ひとり身体の硬さが違いますので、
曲がる角度はこの通りとは限りません。
自分でできる範囲まで、痛くなる手前までが基本です。
何度も言いますが、
ストレッチは、ゆっくり、呼吸を止めずに行って下さい。

反対方向へも同様にやって下さいね。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================