今日はいつものノウハウではなく、気持ちのお話です。

今日、奈良マラソンの試走に行ってきました。
分割して何度か行っているのですが、
今日で3回目、全部走破しました。
そこで、出会ったお話です。

今日は水曜日という平日ですから、
同じような試走している人にはあまり出会いませんでした。
それでも、4人の女性組、一人の男性、もう一人も男性、
以上3組に出会いました。
私は、昨年の奈良マラソン2010のTシャツを着て、
ボトルポーチを付けて走りました。

すれ違いざまに「こんにちは!」と声をかけたのです。
しかし、3組とも無反応でした。

私は普段、深夜ランですので、
挨拶しようにも滅多に出会わないので挨拶できませんが、
今日のように、いかにもお互いが試走に来ているわけです。
声はなくても、会釈するだけとか、何か反応があってもいいな~、
そう思いました。

しかし、声をかけられるのがイヤなんだ、という人もいるでしょう。
声をかけるべきか、かけないべきか、
そういうことが言いたいのではなくて、
こちらがせっかく声をかけたんだから、
反応がないのは、やはり寂しいものです。

山歩きをされている人から聞いた話ですが、
山の中では知らない人同士が、
出会えば「こんにちは!」と声を掛け合うのがマナーだそうです。
そこには余裕が見えるんですよね。
山を楽しんでいる「余裕=心のゆとり」です。

マラソンには別にそんなマナーはいらないかもしれませんが、
日常的なすれ違いではなく、
お互いが奈良の山間まで頑張って試走に来たわけですから、
同じ境遇から、会釈くらいはほしいものです。
もっとも、試走ではなく、その人にとっては日常だったかもしれませんが。

その反面、走っていますといろんな人が先に挨拶してこられます。
郵便局の前で年賀状売っている売り子さん、
平城旧跡の車整理のガードマンさん、
ウォーキングされている年配のカップル、
農家の人、などなど・・・
いろんな人に「こんにちは!」って声を掛けられます。
だから私も「こんにちは!」って返します。
挨拶をするって、気持ち良いですよね。
これは人として、自然なことなのではないでしょうか。
奈良マラソンが、
地域の人たちに受け入れられているんだな~
と、私は思います。

奈良マラソンの試走に関しては、別ブログに書いています。
参加される方は参考にして下さい。
下見映像もありますよ。
(今日の分は、深夜アップになると思います)

奈良マラソンを走ろう!


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================