以前、「レース中にできるストレッチを教えて下さい」
というリクエストを頂いておりまして、
ようやく撮影できましたのでドーンと全部紹介します。
全部で写真は14枚あります。
全部やらなくちゃいけないのではなく、
その都度、疲労した筋肉をご自身で感じ、
最小限必要なストレッチを行うようにすることが、
少しでも時間短縮になります。

IMG_2774 途中●
(1)太ももの後ろ側~横側

IMG_2775 途中●
(2)太ももの後ろ側~膝の裏側

IMG_2776 途中●
(3)太ももの裏側、膝の裏側、ふくらはぎ、足首前側

IMG_2777 途中●
(4)太ももの前側

IMG_2778 途中●
(5)太ももの前側

IMG_2779 途中●
(6)そけい部

IMG_2780 途中●
(7)太ももの前側~膝

IMG_2781 途中●
(8)すね、足首

IMG_2782 途中●
(9)ふくらはぎ


段差を利用します。
IMG_2794 途中●
(10)ふくらはぎ、アキレス腱

IMG_2795 途中●
(11)ふくらはぎ、アキレス腱、膝の裏

ガードレールや、ポールなどを利用します。
IMG_2817 途中●
(12)ふくらはぎ、アキレス腱、膝の裏

IMG_2818 途中●
(13)太ももの裏側、膝の裏側、ふくらはぎ

IMG_2819 途中●
(14)そけい部、太ももの内側


これは、給水ポイントで行うことができるストレッチです。
私は完走とは、歩かず止まらずの事を言いますが、
給水ポイントとトイレは別です。
止まっても仕方がない箇所として考えています。
ということは、疲労した筋肉を回復させるチャンスでもあります。
初心者、初級者はそういう考え方で十分だと思います。

一度にたくさん画像をアップしましたが、
全部する必要はありません。
あなたが日頃走っていて、信号などで止まった時に、
いろいろ試してみて下さい。
疲労度によって、必要なストレッチが違ってきて当たり前です。

また、ここに紹介したストレッチ以外でも、
自分に合ったものを見つけておくことも大切です。

ようするに、身体が要求する筋肉を
改善してあげることができればOKなのです。
そのためには、どの筋肉が改善要求信号を出しているのか、
それを日頃からキャッチできるように訓練して下さい。

お役に立ちましたか?

「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================