今日はマラソンをしていなくても、
日常生活でも困る「ふくらはぎのむくみ」解消法です。

要領は覚えてしまえば簡単なのですが、
最初は難しいかもしれません。
まず一枚目の写真です。
ぷよんぷよんIMG_2717 ●-2
仰向けに寝転んで、両足を上げます。
力を抜いて楽にして下さい。
そして、足首を細かく前後に振るようにして下さい。

ぷよんぷよんIMG_2718 ●-2
この写真は、足の状態が分かりやすくするために足をずらしています。
実際には、こんなに前後に大きく動かす必要はありません。
わざとずらしていますので、お間違いのないように。
一眼レフではないので、シャッタースピードが変えれないため、
頑張って動きを見せようと振っております(笑)
動いている感じがわかるでしょ?(笑)

このエクササイズは、
ふくらはぎが
「ぷよんぷよん」となればOK
です。

足に力が入っていますとなりません。
ポイントは、足の力を抜いて、
軽く足首を前後に動かすことです。
足首の硬い人は、残念ながらスムーズに動きません。
しかし、足首を柔らかくする効果もありますので、
めげずに挑戦してみて下さい。

両足いっぺんにするのが難しい場合は、
片足ずつ行いましょう。
ぷよんぷよんIMG_2727 ●-2

ぷよんぷよんIMG_2729 ●-2
ぷよんぷよんさせない方の足は、
膝を立てて身体を支えると楽です。

では、このAとBの写真を並べてみますね。
ぷよんぷよん
ふくらはぎの部分だけを切り取りました。
見比べていただければすぐ分かると思いますが、
ふくらはぎの形がAとBでは違いますよね。
ふくらはぎが「ぷよんぷよん」と動いている証拠です。

あと、足の角度を見比べて下さい。
太ももの上がっている角度は、AとBは同じくらいです。
すねの角度を見比べても、AとBは同じくらいです。
このことからお分かり頂けると思いますが、
動いているのは、足首だということです。

足首を振ることで、
ふくらはぎの筋肉を
「ぷよんぷよん」させる。


足を前後に振るだけでは、ふくらはぎは動きません。
足首を軽く軽く前後に振って下さい。
しばらく練習が必要かもしれませんが、
できてしまうと、こんなに便利なエクササイズはありませんよ。

右足ができれば、左足も同様にやって下さいね。

立ち仕事の多い人、
営業で歩き疲れた人、
それこそ、マラソンで疲れた足、
だれにでも通用する、いや、必要なエクササイズです。
ストレッチではありませんが、
分類すると「体操」になるでしょう。

ぜひ、お試しあれ!

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================