少し前、いつも通りに走っているのに、
なぜか右足のすねの辺りが痛むのです。
痛むというのは結果で、走りにくいと言った方がいいかもしれません。

私は、皆さんがされているようなトレーニングを一切しません。
インターバル、LSD、ペース走・・・などはしません。
いつもいつも同じマイペースで、ひたすら走るだけです。
短い距離でも、長い距離でも、まったく同じことしかしません。
だって、いろいろすると疲れるでしょ?
理由はただそれだけです。
いつも同じことをしていれば、同じことしか起こりません。

しかし、ある日からどうも右のすねがおかしいのです。
体重の乗せ方がまた外側になっているものだと思い、
内側へ内側へと気にしながら走るのですが、
変な筋肉痛になるだけで、いつも通りができなくなったのです。

そんな日が何日も続きました。
そして気付いたのです。

右足の方が歩幅が広い

私の歩幅なんて、たかだかしれています。
歩幅の事についてはまた後日書きますが、
私のエンジョイラン走法では、
歩幅を広くすると疲れるから、狭く狭く前へ出ます。

それがいつの間にか、少しずつ広くなっていたようなのです。
しかも、右足だけ。

想像してみて下さい。
右足を広く、左足を狭く、というそんな走り方。
違和感あるというより、普通はそんなの走れませんよね。
ところが、その差がほんの少しだったとしたら、
気付かないくらいのほんの少しだったら・・・
それくらいなら、どうってことないんじゃない?
だって、道路状況によってその時々違うでしょ?
そう思われますよね。
それはその通りです。
しかし、私は自分の走りに気付いたのです。
ほんのちょっとのことかもしれないのですが、
右足の歩幅が少し広い。
計ったわけではありませんが、ほんの少しです。

それに気付いてから、意識的に右足の歩幅を狭くしました。
するとなんということでしょう!
へんな感じが無くなったのです。
おかしいですか?

あなたの歩幅は本当に左右おなじですか?

結局、その後は骨盤矯正をして回復。
原因は、骨盤のズレでした。

骨盤矯正の超カンタン方法を、近日公開する予定にしています。
もうちょっと待ってて下さいね。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================