今日も同じく、膝の話です。
昨日のコメント欄でリクエストをいただきましたので、
それを紹介します。

工作0点じゃないと褒められましたので、
また懲りずに模型を作りました。
IMG_2457 ● 健康
これは、人の足です。
まぎれもない足です(笑)

白いところが、太ももの骨。
下にはすねの骨。
それらの間に空間がありますが、
そこに膝があるものとして想像して下さい。
緑色をしているのが、靭帯(じんたい)です。
健康な人の右足を、正面から見たところです。

では、足を動かしてみましょう。
IMG_2470 ● 健康
膝を曲げました。
緑色のテープは、どこにも当っていませんよね。
これが健康な人の足だと思って下さい。

では、次にO脚の人の足です。
IMG_2471 ● O脚
O脚の足を想定していますので、
膝部分が、外側へ出っ張っています。

太ももの骨の先は、ポコンと膨らんでいますので、
O脚であるために、緑色のテープに当っています。
これは、太ももの骨と、靭帯が擦れていることを表します。

では動かしてみましょう。
IMG_2473 ● O脚
O脚の足で、膝を曲げますと、
靭帯が太ももの後ろ側にいき、擦れていたところが離れました。
そして、また膝を伸ばしますと、一つ上の写真のようになって、
また太ももの骨と靭帯が擦れます。

マラソンをすることは、膝を曲げ伸ばしを繰り返しますので、
太ももの骨に何度も何度も靭帯が擦れることになります。
太ももの骨といっても、先っちょですから、
これは場所で言うと膝の外側になります。

これも昨日に引き続き、「ランナー膝」と呼ばれる故障です。

今回のお話はそのランナー膝の中の、
病名「腸脛靭帯炎」です。
    (ちょうけいじんたいえん)

ここまでの説明で、「O脚の場合」と書きましたが、
必ずしもO脚の人にしか起こらないというわけではありません。
説明を分かりやすくするためにO脚の人を例にしましたが、
マラソンをしている人でしたら、誰でも起こりえる故障です。

着地の時に、太ももの筋肉がしっかりしていませんと、
上からの衝撃で、膝のお皿が横へ逃げます。
お皿が外側へ逃げると、それに合わせて、太ももの骨も外へずれます。
そして今回紹介したように靭帯と擦れます。
これが、「腸脛靭帯炎」です。

もしも、これかな?と思われましたら、
まずやるべきことは、マラソンをやめることです。
何事も始めることよりも、止めることの方が勇気がいります。
しかしもし、あなたがこれからもずっと年老いるまで
走りたい気持がおありでしたら、
勇気を持ってやめることをお勧めします。

とりあえずは、整形外科を尋ねて下さい。
やめるかどうかは、それから決めても遅くありません。
身体はひとつです。
大事に使いましょう!

こうならないためにも、
足をまっすぐ前へ出す。
膝をまっすぐ前へ出す。
つま先をまっすぐ前へ出す。


着地の時にお皿が逃げないようにするためには、
太ももの筋肉を鍛えることなのです。
ということは、筋トレをしなさい、ということになります。
私はイヤです。
だからこそ、エンジョイラン走法なのです。
膝にも太ももにも負担をかけない走り方、
それが安全で健康な走り方だと推奨します。


関連記事

走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?
膝に痛みが出たらどうする?
膝の痛いところの解消法(押してみましょう)
膝関節のイラスト
体重が足の外側へかかるのは危険!
足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?
膝に悪影響を与えているのは「ひねり」
つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!
マラソンは膝のお皿に悪影響を与える
エンジョイラン走法/楽に走る方法

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================