昨日の工作で褒められましたので、
今日も簡単な模型を作りました。
お皿-1
これは、まぎれもなく、膝(ひざ)関節を中心とした模型です。
そんなに笑わないで下さい。
これでも真剣です(笑)

上が、太ももの骨、
空間になっていますが軟骨があって、
その下にすねの骨があります。
前には、膝のお皿があります(ピンク色の部材)。
お皿を支えるようにしているのが、太ももの筋肉です。
ということで、膝を中心に横から見た模型です。

今日のお話は、このお皿にどうやって負担がかかるのか!
というお話です。

では、膝を曲げてみましょう。
お皿-2
この二つの画像を見比べて下さい。
太ももの骨の上部分と、
お皿との当り具合が変わったことが分かりますか?
膝のお皿というのは、太ももの骨にも、すねの骨にも、
くっついていない、独立した骨なんです。

それを、詳しく拡大して合わせてみました。
お皿-3

足を曲げ伸ばしするということは、
膝関節を曲げ伸ばしすることになります。
実際には、膝の曲げ伸ばしの際は、
お皿が上下して動き、太ももの骨とぶつからない構造になっています。
しかし、何らかの要因によって、当ってしまうことがあるのです。
すると、膝のお皿と、太ももの骨とがこすれ合うことになるのです。
「ここ」と印した部分です。
左と右で見比べて下さい。
ここが、こすれ合います。

マラソンをすることは、
何万回とこのこすれ合いが起こります。
それが単なるこすれ合いではなく、
着地の時に、太ももの骨が、膝のお皿の裏側に
「ドーン」と衝撃がかかるんですよ。
ですから、膝が痛くならない方が不思議だと思っていて良いくらいです。

この模型では、膝がまっすぐ動いたということを仮定しています。
しかし、実際にはまっすぐ動かすことはとても難しいのです。
着地の時に、太ももの筋肉がしっかりしていませんと、
上からの衝撃で、膝のお皿が横へ逃げます
この時、体重が足の外側に乗っている人は、お皿が外側へ、
内側に乗っている人は、お皿が内側へ逃げるのです。
言い換えれば、お皿がずれるのです。
前後方向での太ももとのスレに加えて、
横方向へのスレが加わるということです。


想像しただけでも、
ずいぶんお皿に負担をかけていることがお分かり頂けると思います。

だから、それがどうした?
と、思いながらここまで読んでられますか?

実は、この膝への負担が何度も何度も繰り返されることによって、
そのうちお皿が悲鳴を上げます。
それこそが、「ランナー膝」と呼ばれる故障です。

ランナー膝でも、いくつか症状があります。
今回のお話はそのランナー膝の中の、
病名「膝蓋大腿骨ストレス症候群」です。
   (しつがい・だいたいこつ・すとれす・しょうこうぐん)

膝を動かすと、
膝の皿(膝蓋骨)と、太ももの骨(大腿骨)の下端がすれ合う状態です。

原因は、
1、膝がまっすぐ前へ出ていない
2、太ももの筋肉不足
3、走り過ぎ(オーバーワーク)

これまでにも、足をまっすぐ前へ出しましょうというお話を、
いっぱい書いてきました。
今日も言いたいことは同じです。
足をまっすぐ前へ出す。
膝をまっすぐ前へ出す。
つま先をまっすぐ前へ出す。
マラソンをするということは、膝に悪影響を与えています。
ですからこそ、少しでも負担を軽くする走り方を学ぶことです。

もし、今あなたの膝が大きな悲鳴を上げているようでしたら、
すぐにマラソンを止めて、一度リセットしましょう。
きちんと治して、きちんとした足の出し方を
練習しなおすことをお勧めします。


関連記事

走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?
膝に痛みが出たらどうする?
膝の痛いところの解消法(押してみましょう)
膝関節のイラスト
体重が足の外側へかかるのは危険!
足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?
膝に悪影響を与えているのは「ひねり」
つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!

写真中と文中に誤りがありましたので、修正しました。
(アップから30分後)

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================