マラソンをしている人は、
膝を痛めやすいということを以前にも書きました。
現にあなたの身の回りにも、膝を痛めている人や
痛めて休養している人がいらっしゃることでしょう。
私の整体院に来院される人で、
昔はマラソンをやっていたが、膝を痛めて今はやっていない。
という、リタイヤした人もいます。

結局、膝を痛めていても、頑張って続けてしまったことが原因です。

何度も書きますが、
マラソンをやっている以上、
膝を痛める可能性があるということだけはご承知下さい。
ただ、痛みにくいようにする方法がいくつかあるのです。
そのためにも、「なぜ痛みが出るのか?」
という原因を知ることは大切です。

膝には、以下の三つの負荷がかかります。

1、荷重
2、衝撃
3、ひねり

これは日常生活の中でも起こりえることですが、
マラソンをしているとその大きさは、
日常以上に計り知れない大きさです。

まず、一つ目の「荷重」です。
荷重とは、立っているだけで膝に負担がかかっていることです。
重力の作用でかかるわけですから、
体重が思い人の方が負担がより大きいことは、
誰が考えてもすぐ分かることですよね。

二つ目の「衝撃」です。
マラソンは歩くことに比べると、膝への衝撃は大きいです。
それは、マラソンをやっていればすぐ分かりますよね。
片足で全体重を支え、
それを交互に行いながら前へ進むのが「走る」という行動です。
最近のマラソンシューズは高性能になっていて、
この衝撃を少しでも軽くするように作られています。
靴底にクッションが入っているわけですが、
足の出し方や、スピードによってその効果は一定ではありません。

三つ目の「ひねり」です。
私がこのブログを通じて強く伝えたいのが、この「ひねり」です。
膝の関節は、股関節のように大きく動きません。
基本的には、前後に動くような機能になっています。
それなのに、きちんと前後に膝を動かしていない人が
とても多いのです。

それが、
膝に悪影響を与えている「ひねり」
です。

膝をきちんと前後に動かすということは、
右にも左にも傾かず、外向かず内向かず、ということです。

「あ~、なるほどね。」
と、軽く読んでおられましても、
明日にはあなたも膝を痛める可能性はあります。
すでになんらかの膝の痛みを持っている人は、
膝に対して「ひねり」の悪い動きが加わっている可能性があります。

本当にあなたの膝はまっすぐ出ていますか?
本当にあなたのつま先はまっすぐ出ていますか?

この2点を今一度、確認して下さい。


関連記事

走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?
膝に痛みが出たらどうする?
膝の痛いところの解消法(押してみましょう)
膝関節のイラスト
体重が足の外側へかかるのは危険!
足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================