これまでに何度も、体重は足の外側ではなく、
内側へ乗せて下さいね、ということを書いてきました。
その理由を今日はお話します。

昨日のイラストをここでもう一度出します。
イラストはどちらもクリックすると大きく別画面で開きます。

ひざ前面


足がまっすぐ前へ出て、まっすぐ着地すれば、
何も問題なく、このイラストに示すままです。
しかし、体重が足の外側に乗る人が圧倒的に多いのです。
足の外側に体重が乗るということは、
膝にどれだけ悪影響があるのか、
今日はそれをイラストでご説明します。

ひざ前面 外側へ


体重が外側にかかると、膝が外へ出ますので、
膝関節の内側の軟骨へ、とても大きな負荷がかかります。
上のイラストを見て下さい。
その負荷により、内側の軟骨がだんだん押しつぶされていきます。
それが繰り返されると、どんどん軟骨がすり減っていき、
やがて軟骨が無くなり、骨同士が当たってしまいます。

これが、「変形性膝関節症」です。

マラソン等の運動をしていなくても、
高齢者にとても多くみられる症状です。

原因はO脚(ガニ股)です。

日本人の大半がO脚だと言われているくらい、
誰にでもこうなる可能性があるということです。
O脚というのは、直立しても膝同士がひっつかないことです。

では、実験です。
鏡に向かって、ご自身の足を確認してみましょう。

内くるぶしを揃え、足先をまっすぐ鏡方向へ向け、
背筋を伸ばしてまっすぐ立ってみましょう。
膝と膝の間はひっつきますか?
ひっつかなければ、O脚です。
程度の差はありますが、ひっつかなければ注意した方が良いです。
もし、握り拳でも入るくらい開いているようであれば、
すでにレッドカードです!
マラソンすることで、ますます膝を痛めているとお考えください。
レッドカードの人は、マラソンより先にO脚矯正するべきです。

少しでもO脚である人は、普通に走ると、
必ず体重は膝の外側にかかっています。
意識をしなければ、将来こうなる可能性があります。

解決するには、
意識をして、体重を内側に乗せる必要が
あるということです。


これまで書いてきました記事を、今一度読み返してみて下さい。
健康でマラソンを続けるためには必要なことですよ。

関連記事
楽に長く走る方法/5、内側に体重を乗せる
膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由
膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法
2本のレールの上を進む具体的な方法

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
一日一回、ポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================