私は20代の頃、ギターに挑戦したことがあります。
最初は、弦を押さえる指が痛くて痛くて、
10分くらいしか触れませんでした。
でもなんとかして弾きたい一心で、
毎日10分ずつ押さえていると、
弦が指に食い込みながらも、痛みが無くなってきて、
30分くらい弾いてられるようになりました。
それをまた続けていると、指先が硬くなってきて、
弦が食い込まなくなりました。
そうなると、1時間でも弾いてられるんですよね。
だからといって、曲が弾けるかどうかはまた別問題。

冒頭から違う話で入りましたが、
なんだかマラソンと似ていませんか?

最初は、10分走るのが限界だったのが、
続けていると、30分が走れるようになり、
それを続けていると、1時間が走れるようになります。
だからといって、フルマラソンが走れるかどうかは別問題。

ねっ!
似てるでしょ?
走り始めた頃を思い出してみて下さい。
いきなりフル走れた人なんて、きっといないと思います。

1時間走ることに身体が慣れてくると、
1時間30分が走れるようになります。
1時間30分走ることに身体が慣れてくると、
2時間が走れるようになります。

このように、きっちり30分刻みに伸びていくものではありませんが、
イメージ的にはこんな感じだと思います。
この考え方を延長していくと、
2時間に慣れると、2時間半、
2時間半に慣れると、3時間、
3時間に慣れると、3時間半、
3時間半に慣れると、4時間。
これもまた、こんなうまい具合にはならないとは思いますが、
理屈的には、なんとなくそうなりそうな気がします。

でもなかなか長い時間を取ることが難しいんですよね。
私の場合、日頃はせいぜい1時間~1時間30分程度です。
中には、そんなにも取れないという人もあることでしょう。

フルマラソンを楽に完走する難しさは、
その辺りにあるのではないかと考えます。

3時間以上や、30km以上のような
長時間、長距離走をたくさん経験すればするほど、
フル完走は容易になる。


日頃なんとなく思っていたことですが、
今日改めて文字にしてみて、
はっきり見えた気がします。
な~んて、自分で書いて自分で納得してどうするねん!
でも、これって、どう思います?

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================