表題のとおり、
「フルマラソンを完走することが、なぜ、できないのか?」
初心者にとってはとても大きなテーマです。
話の前に、「完走」の意味を確認しておきます。

私が言う「完走」とは・・・
給水ポイント、トイレ以外では絶対止まらない、歩かない。
要するに、走っている途中であきらめない、ということです。

初心者の場合、どうしても体力の限界との戦いでもあります。
だから、フルマラソンを完走できないのは、
あなたに体力が足らないからです。

な~んて書いてしまうと、どうしようもないでしょ?
私はそんなこと言いません。

あなたに足らないのは、耐久力です。

耐久力】たいきゅうりょく
国語辞書→長くもちこたえられる力。長く持続させる 力。

例えば、モーターレースを想像して下さい。
サーキットをものすごいスピードで走り、順位を競うスポーツです。
レーサーは日頃から身体を鍛え、何度も練習して本番に臨みます。
しかし、レーサーの体力、忍耐力、気力に反して、
自動車が故障することがあるんです。
10周は走れても、100周走れるだけ、
本体や部品が長く持続できずに、リタイヤするチームがあります。
それが、耐久力です。
「24時間耐久レース」というのがありますが、
それはレーサーと自動車、両方の耐久性を競っているのです。

お分かりでしょうか?
フルマラソンが完走できない理由として、
あなたの身体、もしくはパーツに耐久力が備わっていないのです。
日頃、10kmや20kmは軽く走れる人でも、
42.195kmの耐久性を持った身体とは限りません。

では、身体のパーツとは、主に何でしょう?
膝関節、足首の関節、太ももの筋肉、ふくらはぎの筋肉・・・
いろいろありますよね。
自動車と違って、身体のパーツは交換するわけにはいきません。
しかし、鍛えることができるんです。
ここが機械と違うところです。

だから筋トレしましょう!
な~んてことも、私は言いません。

では何が必要でしょう?
この後は、文章が長くなるので、続きは明日へ。

続き→身体の耐久力を鍛える?それとも・・・

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================