今日のストレッチは、とても多くの複合体ストレッチです。
写真だけでは複合であることは分かりにくいと思います。
とにかく一度やってみて下さい。
どこをアプローチしているのか、
それをしっかりイメージできればできますが、
今どこを伸ばしているか分からない・・・
ということではできていませんので、
ゆっくり少しずつやってみて下さい。

IMG_1261 太ももスタンダード
まずは、前回でも紹介しました、
とてもオーソドックスな太ももをストレッチする形です。
これは何も問題ないですよね。

IMG_1262 複合
では次に、両肘(ひじ)を後ろ側に付いてリラックスして下さい。
これでどこがストレッチできているかと言いますと、
肩甲骨回り&首&腕&左太ももの4か所です。
では説明します。

このストレッチのポイントは、「力を抜く」ことにあります。
一番力が抜けているのは「首」です。
首を後ろ側へだらんとさせて、頭の重みを感じて下さい。
首の力を抜くことができない人は、
きっと慢性的な肩こり・首こりの方だと思います。

そして、左右の肩甲骨同士が寄ってくる感じがわかりますか?
わからなければ、肘を支点に肩を左右にゆすってみて下さい。
その時に、肩甲骨周辺の筋肉が動き、
ほぐれる感覚が分かればOKです。
それが感じられない人は、
慢性的な肩甲骨周辺にコリがある人と思われます。

無理せず、少しずつやっていきましょう。
何日も継続していきますと、わかってくるようになります。
コリをほぐすと思って気長に考えて下さい。

また、肘を置く場所を少し変えてみると、効果が違ってきます。
肘の位置を少し変えてもやってみましょう。

IMG_1265 複合
では、次の形へ移ります。
右肘はそのままにして、左手を写真のように上げて下さい。
これは見た通り、左太ももから左腕までのラインが
伸びているのが分かりますよね。
その通りです。
さらに、左腕の伸ばし方や伸ばす方向によって、
背中がねじれますので、一番効果が高いのは「脇腹」なんです。
これはウエスト周りを細くしたい人にも効果的です。

足を変えて、反対向きもやってみましょう。

ストレッチは痛みを感じるようでは、やり方が間違っています。
あるいは伸ばしすぎ、もしくは身体が硬くて伸びない、
いずれかの理由と思われます。
とくに今回のストレッチは、
身体の硬い人にとっては難しいと思います。
気持ち良いところを探って下さい。
くれぐれも、無理をなさらないように。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================