筋肉痛解消マッサージの第2回目は、ふくらはぎです。

ふくらはぎの場所は説明するまでもなく、誰でもわかりますよね。
では、今日もお風呂でマッサージです。

ふくらはぎー1

まず足を石鹸でヌルヌルにしましょう。
そして、お風呂のイスに座って、
写真のように、手のひらを重ね合わせて下さい。
右手が上になっても下になっても、どちらでもOKです。
やり易い方を選んでください。

ふくらはぎー2

椅子に座って、マッサージする方の足を浮かせて下さい。
この時、倒れないように背中は壁にもたれる方が安全です。
また、お尻に石鹸が付いてしまうと滑りますので、ご注意ください。
腹筋に多少の力が必要ですので、
できない場合は、無理をしないで下さい。

ふくらはぎに手を回して、先ほどの両手を重ねた形を作ってください。
軽く下から上へ(地から天上へ向かって)押し上げながら、
股関節方向へ両手をそのまま移動します。


ふくらはぎー3

ふくらはぎー4

かかと辺りから、ひざ付近まで移動した写真です。

石鹸でヌルヌルにしていることがとても大切です。
何も付けずにしますと肌を痛めますのでご注意ください。
お部屋でする場合は、
マッサージオイルなどを付けてやってみましょう。

どちら方向に力を入れてもOKです。
ただもし、可能でしたら、
ひざへ向かう方向に若干力を多くかけて下さい。
無理にしなくてもいいです。
何度も何度も往復させてマッサージしてください。

ちなみに、私は、片足を50往復くらいします。
ふくらはぎといっても、それなりの大きさがありますので、
ふくらはぎの、右側、中央、左側、
という感じで、往復しながら場所を移動させてください。
これで、ふくらはぎ全体をマッサージすることができます。

ポイントは、施術をする足(今回の写真では右足)は、
力を抜いておくことです。
とくに、ふくらはぎに力が入った状態ですと、
まったく無意味となります。
いかに、ふくらはぎの力を抜くかが大きなカギとなります。
抜けているかどうかの確認は、
ふくらはぎが、ぽよんぽよん!となるかどうかです。
最初は、マッサージそのものより、
力を抜くことが難しいかもしれません。
何度か試してやってみてください。

サンプル映像をアップしました。

DVDの詳細
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================