「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
具体的レッスン-13

13、きれいなフォームより、ケガをしないフォーム


ここまで、いろいろ書いてきましたが、
「マラソン本を捨てなさい」と言った、
真意のひとつを今日はお話します。

全部といっていいくらいのマラソン本の
最初のページに必ず書いてあること・・・

壁に添って立ち、これが正しい立ち方という図があり、
背筋を伸ばして、天から頭の上を引っ張られるようなイメージで・・・

こんなようなことが書かれているのを
読んだことがあるでしょう。
あなたは、この「正しい姿勢」というのができていますか?
天から引っ張られる感じを、ず~っと感じ続けて走っていますか?
最初の30分くらいで、あとは抜けていませんか?

もし抜けているとしたら、最初の30分間、
無駄な筋肉を使い、無駄な努力をしただけにすぎません。
そんなことは、もう忘れましょう!

自然体でいいんですよ!

いつも通りのあなたにとって自然な姿勢で、
楽に力を抜いて走りましょうよ。
普段から猫背の人に、姿勢良くなんて言ったって、
そんなの無理に決まってます。
猫背の人は猫背でいいんです。
あなたが一番楽な姿勢のまんまで走りましょう。

基本の基本である「正しい姿勢」ができていない人が、
その先を読んで習得しようとしても、
必ずできないことが出てきたり、矛盾することが起こります。
そんなことには目をつぶり、
できることだけを選びながら
読み進んでいるのではありませんか?

それでもマラソン本が必要ですか?

ただ、お間違いのないように、
ここでもう一度確認しておきます。
速く走りたい人は、どうぞ正しい姿勢を試みて下さい。
その姿勢のまま、42.195kmが走れるよう、
頑張って努力してください。

私が提案しているのは、
フルマラソンを止まらず走りきったことがない人、
あるいは、サブフォーギリギリくらいの人です。
マラソン本に書かれているような、
きれいなフォームなんて目指す必要は、まったくありません。

きれいなフォームを目指すより、
ケガをしないフォームを目指すこと


その方が大事だと思います。
それが、エンジョイラン走法なのです。
楽に楽に、脱力して、体重移動で前へ進みましょう!

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================