「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
具体的レッスン-11

11、呼吸は日常生活と同じ

テレビを見ていて、
トップランナーがゴールした直後、
誰も「ハーハー」言ってないでしょ?
息が上がらず、直後のインタビューでも
きちんと答えています。

それは、心拍数(脈拍)が限界を超えていない証拠です。

しかし、私たちはちょくちょく頑張りすぎるので、
走り終えた時、息が「ハーハー」、心臓が「ドクドク」
そんな時があります。
ダメです。
それでは、心肺機能に負担がかかっています。

私が進めるエンジョイラン走法は、
「筋肉消費量を抑える、脱力系・究極のエコラン」
なのですから、
足や腰の筋肉だけではなく、
内臓の機能まで消費を抑えることを提案します。

血液を送り出す心臓は、実は筋肉でできています。
筋肉の収縮運動で血液が送られるのです。


運動をすると必ず心拍数が上がります。
心拍数の事については、また別途お話しますが、
「楽に走るためには、
 心拍数をできるだけ上げない方が楽だ」
ということは、
なんとなく分かっていただけますでしょうか?


そうなんです!
心拍数、いわゆる脈拍は、
できるだけ平常時に近い方が楽なのです。


ですから、ジョギングするからといって、
わざわざ「スースー、ハーハー」
って息をする必要はないのです。
むしろ、しない方がいいのです。
その呼吸をすることによって、
運動モードに入ったと、脳に指令を出しています。
だから、息は、日常生活と同じように、
普通に呼吸をしておくのが一番です。


とはいえ、なかなか難しいかもしれませんので、
私から一つ提案をしましょう。


6拍子で呼吸をしてみて下さい。
「スースースー、ハーハーハー」
とても楽に走れますよ!

この呼吸法だと、吸って吐く、一呼吸が、
日常生活の一呼吸に近付けることができます。
ぜひとも、お試し下さい!


具体的な方法はこちら
楽に長く走る方法/11の2・・・6拍子呼吸法

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================