「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
具体的レッスン-10

10、骨盤移動で前進する


1~9まで、できるようになった方は、
もうずいぶん楽に走れるようになったことと思います。

今日は骨盤移動の話です。

これは、マラソン本でも良く紹介されていますので、
すでにご存じの人も多いと思います。

右足を前へ出す時は、右側の骨盤を前へ出す。
左の時は、左の骨盤。

これがやってみると、なかなかできないんです。
これって、本当に必要?って、思ってしまいます。


結論的に言いますと、
タイムを縮めたい人には、絶対必要です。
しかし、私がお勧めするエンジョイラン走法としては、
マスターしなくても問題ありません。
しかし、覚えておくと便利なこともあります。
それは、坂道です。

とくに、上り坂はしんどいですから、
なかなか足が前へ出にくくなりますよね。
いいんです!
上り坂の時にこそ、骨盤を動かす時です。

歩幅をさらに小さくして、
足を前へ出すのではなく、
骨盤を前へ出すようにしてみて下さい。

足を、右・左・右・左という動きではなく、
骨盤を、右・左・右・左という気持ちです。


<練習方法>

まず、歩きながら練習してみましょう。
楽に普通に歩いて下さい。
スーパーの中を歩くくらいの気持ちで良いです。
その時に、骨盤を右・左・右・左と気をつけてやってみて下さい。
背筋を伸ばすとやりやすくなります。
ゆっくりゆっくりとやってみてください。

それができるようになったら、
ウォーキングする程度の速さでやってみましょう!
歩幅は気にせず、速さも気にせず、
骨盤にだけ意識をして、右・左・右・左と、やってみます。

それができるようになったら、軽く走ってみましょう。
いかがですか?
できるようになると、身体が楽に前へ進むようになります。
しかし、これを平地で続けるのは、
それなりに練習が必要になってきます。
ですから無理せず、
覚えたら上り坂が来たら、ここぞとばかりにやってみましょう!

下り坂で使うと、とてもスピードが速くなります。
その時はとても気持ちよく走れます。
しかし、オーバーペースになりがちで、
疲れますのでご注意ください。
骨盤移動で進んでも、スピードを上げないことをお勧めします。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================