「マラソンに、筋トレが無駄で必要なし!」
だなんて、固定概念をひっくり返すような言葉!
ビックリされたかもしれませんね。

簡単にその理由を説明しましょう。

筋肉は、大きく分けると
速筋(そっきん)」と、「遅筋(ちきん)」という
2種類に分けられます。

速筋とは、
瞬間的に大きな力を発揮する筋肉です。
短距離走の選手には、とても必要ですね。

遅筋とは、
大きなパワーは出せないけど、
長い時間、力を出し続けることができる筋肉で、
マラソン選手に必要な筋肉です。

筋トレ・・・筋肉トレーニングのことですが、
ジムで機械を使って、一生懸命、力を鍛えていませんか?
いわゆる、ウエイトトレーニングです。
一生懸命にやればやるほど、
速筋を鍛えていることになります。

もうお分かりでしょう?

筋トレで鍛えているのは、速筋です。

マラソンするには、あまり必要とされない筋肉です。
だから、無駄で必要なしと書きました。

ここで、謝ります。

筋トレが必要ないのではなく、
マラソンをするために筋トレをするのなら、
今までのような筋トレ方法ではなく、
違う方法でする必要があるということになります。

具体的な方法は、また後日紹介しますが、
今までのように、速筋を鍛えるような無駄なことをするのなら、
わざわざしなくてもいい、と言いたいのです。

私たち市民ランナーは、走っているだけで、十分です。
いつも同じ筋肉を使い続けているわけですから、
自然と筋肉は鍛えられていますよ。

無駄なことをする時間があるのなら、
距離を延ばすとか、走る日数を増やす方が
はるかに有効です。

=========================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================