「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
具体的レッスン-5

5、内側に体重を乗せる。

体重移動で進み、
身体の重心の真下に着地するのですが、
その着地をするとき、
体重はどこに乗っていますか?

足はまっすぐ出ているのに、
体重が足の外側に乗っていては、
パフォーマンスを100%発揮できないのです。
とにかく、筋肉消費量を抑えて、楽に走りたいので、
少しのエネルギーも無駄にはできません。

ジョギングだけでなく、
柔道でも、ゴルフでも、野球でも、
どんなスポーツにも言えることですが、
体重の乗せ方でプレーが変わります。

楽に走るためには、
足の内側に体重を乗せて下さい。
前へ進むエネルギーを最大限に伝えることができます。

なぜ、真中ではいけないのか?
そんな疑問も生まれることでしょう。

では、実験です。

両足をそろえて、くるぶしをひっ付け、
つま先をまっすぐにして立ってみて下さい。
ひざはひっつきますか?
隙間が開いていませんか?
ひっつかなければ、
体重が外側に乗っている証拠です。

習慣的に外側に乗っている人に、
「真中に乗りましょう」と言うより、
「内側に乗りましょう」と言う方が、
結果が良くなります。

後日、イラスト入りでご説明しますが、
ひざ下から足首にかけて、骨は2本に分かれています。
内側が太く、外側が細い骨なんです。

では、質問です。

太い骨と、細い骨、
どちらに負荷をかけた方が得でしょうか?

そんなの誰でもわかりますよね!

太い骨に体重を乗せていくことが、
一番安定した状態を保つことができるのです。
ぜひ確認してみて下さい。

こちらの内容もアップしました。
膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由
膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

=========================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================