走るのではなく、体重移動で進む。
足を前へ出すのではなく、上体先行で進む。
筋肉消費量を抑える、脱力系・究極のエコラン?!

題して、
りょう式エンジョイラン走法

その前に、こちらも読んでね。
楽に走りたければ、走らないこと・・・その真意は?

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 1、二本のレールをイメージして進む
 まず、両足でまっすぐ立ちます。
 両靴の間に少し隙間を開けて下さい。
 ピン球からテニスボール一個くらいです。
 二つの靴先の進行方向に向かって、
 「靴という列車」が通って行くような、
 二本のレールをイメージしてください。
 →詳細説明サイトはこちら
 →2本のレールの上を進む具体的な方法
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 2、体重移動で身体を前へ進める
 ゆっくり身体の上体を前へ倒すと、
 倒れないように自然と足が前へ出ます。
 この体重移動を利用して前へ進みます。
 足を前へ出すのではなく、
 あくまでも上体先行で進みます。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 3、足はまっすぐ出す
 足は、まっすぐレールにきっちり乗るように出します。
 つま先が外へ向く人が多いですので、
 まっすぐ出すよう心がけて下さい。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 4、身体の重心の真下に着地する
 上体先行で進むということは、
 少し前傾姿勢になっているということです。
 体重移動で上体が前へ行けば、
 足は、勝手に身体の重心の真下に着地しますので、
 動くままに身を任せて下さい。
 →詳細説明サイトはこちら

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 5、内股に体重を乗せる
 簡単に言いますと、
 親指側に体重が乗るのですが、
 親指に乗ってはいけません。
 太ももの内側に体重が乗っていると感じればOKです。
 外側に乗る人がとても多いので、
 内側に乗るよう心がけて下さい。
 →詳細説明サイトはこちら
 →膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由
 →膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 6、足首、つま先などを使ってキックしない
 一歩二歩と前へ進んでも、決して蹴らないでください。
 それは、足首、つま先に関わらず、
 足全体において蹴るという行為を忘れて下さい。
 また、後ろへ行った足も、
 蹴り上げず、折り曲げず、力を入れないでください。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 7、着地時に地面を押さない
 着地をした足は、地面を押しつけるのではなく、
 また、反発を利用してバネのようになどと、
 決して考えないでください。
 蹴っても飛んでもいけません。
 無理に力を加えず、自然に流れるように足と身を任せます。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 8、前に出した足を引き付けるようにしない
 前に出した足を引き付けるようにすると、
 余分な筋肉を使うことになりますので、
 自然に流れるように足と身を任せます。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 9、身体は水平移動のイメージ
 身体が上下に動いてしまうと、
 内臓が揺られるため、大きな負担になります。
 筋肉へのダメージだけでなく、
 身体すべてに負荷をかけないようにするため、
 水平移動するようなイメージで
 まっすぐ前を見て進んでください。
 →詳細説明サイトはこちら

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 10、骨盤移動で前進する
 足を前へ出すのではなく、
 みぎ足を前へ出す時は、骨盤みぎ側を前へ出す。

 同様に、ひだり足を前へ出す時は、骨盤ひだり側を前へ出す。
 この動作は、平地では使わなくても可能ですが、
 いちばん効果を発揮するのは、上り坂です。

 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 11、呼吸は日常生活と同じ
 呼吸をとくに考える必要はまったくありません。
 日常生活では、何回吸うとか、どの程度吐くとか、
 考えないように、走る時も考える必要ありません。
 ただ、上り坂では少しコツがありますので、
 別途説明します。

 →詳細説明サイトはこちら
 →6拍子呼吸法
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 12、腕は楽に力を抜く
 腕も肩甲骨も、無理に動かす必要ありません。
 少しでも筋肉消費を抑えるため、
 腕は軽く折り曲げておく程度でOKです。
 ただ、上り坂では少しコツがありますので、
 別途説明します。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 13、きれいなフォームより、ケガをしないフォーム
 きれいなフォームを目指すより、
 ケガをしないフォームを目指すこと
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 13の2・・・正しい姿勢を目指す必要なし
 きれいなフォームを目指すことで、
 無理をして、筋肉痛やケガをするのでしたら、
 自然体の姿勢で、楽にケガなく走れる方が、
 よっぽど理にかなっている。
 →詳細説明サイトはこちら
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


一気に書きました。
?な点もあると思いますので、
明日から、1項目ずつ詳しく書きますね。


追記:各項目の詳細サイトにリンク貼りました。
どうぞご覧くださいね。
(2011,10,3)

追記:13、13-2の項目を追加しました。
(2011,10,7)

=============================
私はこの「エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走したのです。
ですから、私が証明です v( ̄∇ ̄)v
当時48歳、マラソン歴半年です。
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================