簡単に言うと、「筋肉を伸ばすこと」です。

そして、運動する前にストレッチするということは、
これから使う筋肉に「よろしくね!」と、挨拶すること。
運動後のストレッチは、、
「ありがとうね!」と、筋肉にお礼を言うことです。

筋肉というのは、
常に「縮もう縮もう」としています。

では、ストレッチをすると、何が良いのか?

筋肉内の血流が良くなり、
酸素が供給され、
老廃物を押し流すことができます。

ですから、一日中、いつストレッチをしてもいいのです。
ところが、「このストレッチはいつ、何回するのがいいですか?」
と、年配者には必ずと言ってもいいくらい聞かれます。

先にも書きましたが、いつでも、一日中・・・
というのは、あまりにも曖昧で、
そう言われると、皆さんできないようです。

ですから、これは朝起きた時に、何回、寝る前に何回・・・
なんてことを言わざるを得ません。
しかし、このサイトをご覧になられているあなたは、
きっとジョギングをされていることと思います。
それはゆえに、健康志向の強い人と確信します。

だから、あえて言いたいです。
一日中、常にどこかをストレッチしているくらい、
習慣化することを心がけましょう。

例えば、パソコンを触っていることが多い現代人ですが、
1時間、常に同じ姿勢ということがよくあります。
この姿勢が肩こりの原因にもなります。

30分に一度は身体を動かし、ストレッチしましょう。
それくらいのペースで、運動とは関係なく、
ストレッチを日常的習慣に取り入れることをお勧めします。

=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================