整体師に学ぶ~中高年のランニングによる筋肉痛改善と、楽に長く走る方法(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい!また、楽に走りたければ、走らないこと。その真意は、このサイトの中に!

中高年になって健康やダイエットのため走り始めたのに、膝や足腰が痛い、疲れが取れないなど、良かれと始めた運動が逆効果で困っていませんか? 整体師だからこそわかる、筋肉や身体のケア方法や、筋肉痛知らずで、楽に長く走る方法、楽しいランニングノウハウも含めて、全部お教えします。

RYO整体院のことはこちらが詳しいです。http://www.ekiten.jp/shop_51604935/
-------------------------------------------------
以前からこんな質問をよく受けることがあります。
「短時間でできる効率の良いストレッチはありませんか?」
「ストレッチって何をすれば良いですか?」
さらに先日はこんな質問も受けました。
「どうやったら私もベターっと開脚できるようになりますか?」
私は逆に聞きました。「なぜベターっと開脚したいんですか?」と。

これら三つの質問はすべて共通したところがあります。このような質問をされる人は、何のためにストレッチをするのか、分かっていないように思います。そして、自分の身体なのに、自分の筋肉を感じていないとも思われます。だからまだまだ私の言葉と行動が足らないんだと痛感しました。

ストレッチはとにかく感じることがとても大事です。

マラソンされている人で、ストレッチを重点的に行ってほしい部位はどこか分かりますか? 足の筋肉全般と答えていただけると、おおむね正解ですが、私はふくらはぎが特によく張ります、よく吊ります。という人は、そこを重点にストレッチしてほしいのです。ハムストリングスに違和感がよく出る人は、ハムストリングスを重点と考えてください。痛み、違和感、吊り、それらすべて、身体が危険信号を発してくれているです。それを聞き流してはいけません。きちんと受け取る意識を持っていただきたいです。

自分の身体がどうなのかをとにかく知ることが大事です。

何のためにストレッチをするのか? 私の答えは、健康を維持するためです。筋肉は常に縮もう縮もうとしています。そういう性質なのです。まずそこのところをご理解いただきたいです。それを、なぜ縮もうとしているのか?と尋ねられても、これを簡単に答えるのは難しいのですが、ザクっと言うと、それが「老化」だからです。だから「健康維持のため」というのはもちろんのこと、さらに「若さを保つため」という理由も付け加えた方が良いのでしょう。
ベターっと
もうすぐ59歳になる私ですが、ほぼ180度に開脚できます。私が開脚したいと思った理由は、整体師になったからです。それまでは身体は人一倍硬かったですから、開脚なんてまったくできないし、やってみようと試みたこともありませんでした。整体師という立場になれば、自分ができなければ説得力ありませんからね。開脚をするための具体的な方法は別な機会にご紹介しますが、皆さんが開脚する意味は、人それぞれの理由で構わないと思います。もし開脚できるようになったとしたら、その時にはきっと身体全体に変化が出始める時だと思いますので、開脚をゴールと考えずに、通過点だと思っておくと取得しやすいと私は思います。
-------------------------------------------------
私の著書です。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================