整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい! また、楽に走りたければ、走らないこと。 その真意は、このサイトの中に!

整体師ランナー「りょう」に学ぶ、
「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
Let's enjoy runnning!

毎日書き続けて365日経ちましたので、
これからは毎週月曜日に定期更新+αの更新で書いていきます。(2012,7,3)

コメント欄へのスパムが増えましたので、画像認証の設定をしました。
お手数ですがご了承ください。(2013,10,8)

激痛との戦い、解決策は?

今日も質問をいただいたのでお答えしますね。

[ 質問 ]

2~3年前からトレイルラン・マラニックなど
マラソンをはじめまして、近辺の大会に出させて頂いています。
特に、練習は週1.2回10kぐらいのランニングと
山登り標高300程度です。

先日、京都でトレイルラン45キロに参加しました。
20キロを超えて下る標高350ぐらいから
右足ひざ外側、付根、両足首が激痛でたまりません。
なんとか完走はしましたが、
いつも、20キロ付近から、たまらなく激痛との戦いです。
シューズ、走りかた、何でしょう。
早期に解決したいです。
長く楽しく走りたいのです。宜しくお願いします。
 
[ 答え ]

あなたの年齢や身体的情報がありませんので、
はっきりしたことは言えませんが、
今書かれている内容から推測します。
ただ、私は医者ではありませんので、初めに心置き下さい。



たまらないほどの激痛があるということですから、
すぐにでも整形外科へ行くことをお勧めします。

とりあえずの対処では、
取り返しのつかないことになったら大変ですよ。


恐らく身体の限界を超えているのではないかと思います。
痛みのある個所が、すべて関節だということが気になりました。
運動負荷に対して、関節、軟骨が耐えきれなくなって、
悲鳴を上げているのです。
言わば、身体からの警告信号が出ている状態です。
道具を変え、走るフォームを変えても、
良くなることはないと思います。


それから、トレラン45kmに参加するには、
走り込み不足ということはないでしょうか?

フルマラソンに参加する人でも、
月間走行距離は最低でも150km~200kmくらいですよね。

週1~2回10kmとのことですので、
多く見積もったとして、週2回×10km×4週=月間80km、
山登り標高300を週2回入れても、
運動量が少ないのではないでしょうか。
週1回として少なく見積もれば、確実に練習不足です。

運動する時、今日は今日現在の体力筋力に頼っています。
運動量が少ないということは、
明日になるとそれが向上することなく、
むしろ低下していくと思います。
これまでは、今までの体力筋力、
そして気力があったからこそ完走できたのであって、
それはラッキーだったと考えるのがいいと思います。


「長く楽しく走りたい」とのことですから、
とにかく、整形外科の受診をお勧めします。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ストレッチをする時間がない場合、どうする?

今日も質問をいただいたのでお答えしますね。

[ 質問 ]

ストレッチのタイミングと長さについて質問があります。

朝走っていますが、その後にシャワーを浴び、
髪を乾かしたりと、いつもバタバタしてしまい、
ラン終了直後に公園で行う軽いストレッチのみになってしまいます。
帰宅後の夜にやるストレッチでも効果はあるのでしょうか?
また一つのストレッチにかける時間はどのくらいが効果的?

[ 答え ]

きっとこんな人は多いことと思います。
答えはとても簡単です。
ストレッチは運動後にしっかりやらなければならない、
という固定概念を捨てて下さい。

おいおい!
この前、君が言ってたことと違うじゃないか~!


と、お叱りの声が来そうですね(笑)
確かにその通りです。

本来は、運動後にしっかりとストレッチをするのがベストです。
しかし、その時間がないんだったら、しょうがないことですよ。
だからと言って、しなくてもいいとは言っていません。

バラバラに分解しましょう!

まとめてするのが難しいのですから、
少しずつ、バラバラにして、
できる時にできることをしましょう!

例えば・・・
電車に乗っている時、
車に乗っている時、
仕事中、
休憩中、
食事中、
トイレの中で・・・

実際には、やりにくい現場はあろうかと思いますが、
やる気になればできるところはたくさんあります。

私が電車に乗った時に良くするのが、
ドア付近に立てば、ドアと手すりを使って、ふくらはぎのストレッチ。
↓これです。ドア横ならできそうでしょ?
ふくらはぎストレッチ-3

他にも、
手すりやその上の鉄の棒を使えば、
腕と背中、脇腹のストレッチができます。

仕事中でも、
椅子の背もたれを使って、腰をひねったり、
足を組みながら太もものストレッチもできます。

やろうと思えば、どこでもできるんです。
まとめてすることがベストだとすれば、
ベターはバラバラにすることです。



バラバラが難しい時は、「ながら」です。
何かをしながらストレッチをする。
私の場合、キッチンの流し台に足をかけて、
ストレッチしながらパンを食べることもあります(笑)

あるいは、
患者さんの施術しながら、その力を利用して、
自分のストレッチをしていることもあるんですから(笑)
どっちの施術をやってるんだか!(笑)内緒ね

でも、バラバラにした日は、
帰ってからしっかりできればGOODですね


ひとつにかけるストレッチの時間ですが、
基本的には30秒から1分くらいです。
しかし、筋肉の状態によっては、
長くすることも良くあります。
私はいつも筋肉の声を聞いて決めます。
「もうちょっとやってくれよ~!」
と、要求してくる場合は長いですね。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

呼吸の仕方だけで身体が変わる

今日は、呼吸を合わせる大切さを実践してみましょう。

生きている人であれば、誰でも呼吸をしています。
日頃は何も考えなくても身体が勝手にやってくれています。
その当たり前を改めて意識してみましょう。

まずは、時計の秒針を見ながら、5秒で一呼吸してみましょう。
「吸って、吐いて」で5秒です。
腹式呼吸でも胸式呼吸でもなんでもかまいません。
難しかったら、鼻から吸って口から吐いて下さい。
では、どうぞ!


できましたか?

では、次にこの一呼吸を10秒でやってみてみましょう。
ただし、吸うのに4秒、吐くのに6秒です。
では、どうぞ!


では、今度は吐くときに、
空気が足の先へ抜けているように考えて下さい。
本当は口から息が出るんですが、
足の親指の先へ抜けているようにイメージするんです。

できれば音のない静かな環境がいいですね。
テレビやステレオなどは、少しの間だけスイッチを切って下さい。

ゆっくりと鼻から息を吸うと、
胸のあたりが膨らむのが分かりますよね。
そして、ゆっくりと口から息を吐くのですが、
胸のふくらみがだんだん小さくなって、
肩の力が抜けて、ゆっくりと足の先へ空気が抜けていきます。


これを、5回繰り返して下さい。

では、どうぞ!


いかがですか?
足の先へ空気が抜けていく感じはわかりましたか?
気持ちが落ちつきましたか?
空気を吸って生きているんだと実感できましたか?
血の流れも感じましたか?

では、具体的にストレッチをひとつやってみましょう。
とてもオーソドックスな、太ももの前側のストレッチです。
下のサイトを開いて、一番上の写真の形をやってみましょう。
(別画面が開きます)
http://enjoy-run.com/archives/5599221.html

ゆっくりと太ももを伸ばしますが、呼吸を合わせますよ。
4秒吸って、6秒かけて息を吐きます。
吐くときに、太ももの前側に空気が抜けていくのをイメージして下さい。
同時に、太ももが伸びていることも意識しましょう。
ゆったりとした気分で、一度やってみましょう。
吐くときに、ゆっくりと太ももに空気が流れて伸びて行く~。
こんなイメージです。

できましたか?
いかがでしょう?
リラックスしましたか?
太ももがいつもと違う感じになりましたか?

これで、太ももに新鮮な酸素を送り込むことができました。

ストレッチは形が大切なのではありません。
伸びていると感じること、ゆっくりとした動き、
ゆったりとした呼吸をすることが大切です。

「筋肉が硬いということは酸欠状態にある」、
この言葉を解決するためにストレッチが必要なことを、
これでガッテンしていただけましたでしょうか?

分からない人は、想像力が少し足りないだけです。
大人になりすぎましたね。
子供の心に戻って、何度か試してみて下さいね。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

筋肉が硬くなると、どうなる?

マラソンをしている人でしたら、
足や背中、腰の筋肉が硬くなっているな~、
と感じる人が多いと思います。

硬くなった筋肉ではいったい何が起こっているのでしょう?
これを知ると、対処法が見えてくると思いませんか?


筋肉が硬くなっているということは、
筋肉が縮んでいる状態にあります。
腕を曲げてギューっと力を入れると、力こぶができますよね。
その力こぶは硬いでしょ?
それが「筋肉が縮んだ状態にある」ということです。

ふくらはぎや太ももが、
意図して力を入れていないのに硬くなっている人、
それは、自分の意思に反して、
勝手に筋肉に力が入ってしまって、縮んでいる状態にあります。

筋肉の異常事態発生です

筋肉が硬くなると、こんなことが考えられます。
放っておくと、大変なことになりますよ。

1、運動パフォーマンスが低下する(タイムアップが望めない)
2、ケガや故障をしやすくなる。
3、瞬発力、持続力が無くなる。
4、疲れやすくなる。
5、疲れが溜まって、回復力が遅くなる。
6、免疫力が低下する。

力こぶを見せただけなら、すぐに力を抜くことができますが、
勝手に硬くなった筋肉は、
本人の意思に反してず~っと硬くなったままなのです。

硬くなっているということは、
筋肉が柔軟に動きませんので、まず血流が悪くなります。
血流が悪くなると、運ばれてくる酸素の量が減ります。
酸素が減ると、筋肉が酸欠状態に陥ります。
酸欠になると、脳へ知らせるための、
痛み物質がその場所に発生します。
さらに酸欠が続けば、細胞が死にます。

筋肉に痛みがある人
→その筋肉が今現在、酸欠状態になっています

筋肉が硬くなったことで、良いことなんてひとつもありません。
だから少しでも早く、酸素を供給して、
「硬くなった筋肉を緩める(ゆるめる)」必要があります。

筋肉が縮んで困っているのだから、
伸ばせばいいのです。

だから、ストレッチなんです。

どんな薬よりも効果は絶大です!


=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

フルマラソンと小室サウンドが似ている理由

私は「小室サウンド」と「フルマラソン」は、とても似ていると思います。

小室哲哉さんといえば、
trf、globe、安室奈美恵さんなどのプロデューサーとして
90年代に一世風靡した人です。

「小室サウンド」が創り出す歌は、キーがものすごく高いです。
素人では、なかなかうまく歌いこなすことができません。
とくに、一番高い音がギリギリ出るか出ないかの音。
何とか歌いこなしたいと思う人が、カラオケボックスへ行き、
何度も何度も通うことで、喉が慣れてきて歌えるようになる人もいます。
しかし、全員が歌えるとは限りません。

「小室サウンド」を歌いこなすために、
喉のケアをしています・・・なんて人に出会ったことがありません。
プロではないので、痛めたら少し休んで、良くなればまた挑戦します。

ではマラソンはどうでしょう?
たいして身体のケアをせずに、
何度も何度も走ることで身体が慣れていき、
少し痛めれば休んで、良くなればまた走ります。
しかも「フルマラソン」は、
素人では完走できるかできないか、ギリギリの距離と時間です。
後半歩いても制限時間内に入れば、完走証がもらえます。
それを完走と呼ぶかどうかは、その人次第。

小室サウンドを歌うために、喉のケアをせずに、喉を慣らしていく人、
フルマラソンを走るために、身体のケアせずに、身体を慣らしていく人、
私は似ていると思うんです。


小室サウンドは、そのうち歌わなくなります。(すでに歌わない?)
しかし、マラソンはずっと続く人は続きます。
今年より来年は確実に一年、歳をとります。
同じようにはいきません。
もしこれからもマラソンを続けたいとお考えでしたら、
身体のケアのことは、真剣に取り組んでほしいのです。

マラソンかストレッチか、
健康のためにどちらかひとつを選びなさい。
もしそう言われると、
私は間違いなく、ストレッチを選びます。

ストレッチ無しでは、健康を維持できませんが、
マラソン無しでも、ストレッチすれば健康維持できます。


マラソンは健康とストレッチが支える

ストレッチが健康を支え、
その土台があるから走れるんです。

しかし、健康とはとても不安定なものです。
少しのことでバランスを崩してしまいます。
マラソンの比重が重くなれば、下で支える健康に影響を及ぼします。
ストレッチがいい加減だと、健康を支え切れませんので、
マラソンの継続すら危ぶまれることもあり得ます。

ストレッチは健康を支えるために
必要不可欠と、私は言い切ります。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

そもそも、身体のケアとは何か?

これまで私は身体のケアの大切さを書いてきました。
それは、マラソンやジョギングを楽しむために必要だからです。
でも、本当にその必要性がきちんと伝わっているのか、疑問です。

私の整体院には、スポーツをやっている人、やっていない人、
どちらにも限らず、いろんな人が来られます。
皆さんが口をそろえて、ストレッチに対しては、
同じようなことを言われます。

「やった方がいいと分かっているんだけど・・・」

「やってるんだけど・・・」

たいがい、このどちらかです。
どちらにしても、ストレッチはできていない人ばかりです。

今日も聞かれました。
「ストレッチは、運動の前にした方がいいんですか?それとも、後?」

この質問をされることで、
この人はストレッチの大切さ、有難味を分かっていない人だなー、
と、そう思います。
ストレッチのことが分かっていたら、
こういう質問は出てこないはずなんです。

これまで、ストレッチの具体的な方法は、
写真を交えながら紹介してきました。
でもそれだけではまだ十分伝わっていないように思います。

ですので明日は、ストレッチの有難味をを紹介します。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ストレッチはやらなければいけないですか?

お問い合わせをいただきましたので、お答えします。

【 質問 】

いつも楽しく拝見しております。
40代の男性、今年からジョギングを始めました。
毎日忙しくてなかなか時間がなく、
週2回、ゆっくりと20分程度走っています。
ストレッチをした方がよいということは、
なんとなくわかっているのですが、なかなかできません。
りょうさんのブログを見て、
なんとなくやってみたものもあります。
やっぱり、やらなければいけませんか?



この気持ち、よく分かります。
だって、ストレッチなんて、邪魔くさいですもん!
私だって、しょっちゅう億劫になります。
しっかりやる時もあれば、少ししかやらない時もあります。

いいんですよ!
そんなに無理しなくても。
できないときはできない。
できるときはできる。


何事もそんなもんでしょ?!

私がストレッチをするようになったのは、
やらないことで、自分が困ったからです。
適当にしていると、筋肉痛が残ったり、
あるいは、関節痛が残ったり・・・
そんなことがあったんです。
毎回、毎日、しっかりやらなくても、
要所要所、できればなんとかなるもんです。

今はいかがでしょうか?
筋肉痛、疲労感、だるさ・・・
何か日常生活に支障はありますか?
とくに支障がなければ、深刻に考えなくてもいいんです。
何か支障が起きた時に、ストレッチの必要性を考え直しましょう。

今そう言えるのは、あなたはまだそんなに走っていないからです。
週2回、ゆっくりと20分程度でしたら、
本当に軽い運動ですよね。
これが、回数が増えたり、時間が増したりすると、
必ず身体が何か反応を起こします。
その時に、もう一度私のブログを思い出して下さい。

でももし、このブログの中で、
これはいいな~!とか、これは気持ち良い!
というのがありましたら、それだけでもいいからやって下さい。
すべてやる必要は全然ありません。
自分に合ったものを見つけることができれば、それを続けて下さい。
今はその程度、軽く考えていてもきっと大丈夫です。
ただし、走っている時に痛みを感じたら、すぐ止めることです。
その時にもまた思い出したように読んで下さい。
どうぞ、ご無理のないように。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ストレッチ・レッスン(足全般)

足のストレッチの仕方は、これまでにもいろいろ書いてきましたが、
なぜ、いっぱいやり方があるかと言いますと、
足の筋肉といってもたくさんあるからなんです。
以前にも少し触れましたが、
「太ももの前側」というだけでも、
ひとつのストレッチだけでは無理なんです。
前側の外もあれば内もあるんです。
もし、そのことがまだよく分からないという方は、
相当ストレッチ不足と思われます。
いろんなストレッチを試して、
自分に合ったものを見つけ出して下さいね。

今日ご紹介するのは、ものすごく簡単です。
レース中でも、ブロック塀や、ガードレールがあると
とても助かるやり方です。
これまで私のストレッチを見てこられた方は、
「なんだ、今更!」と思えるくらい簡単なものです。

とりあえず、塀に足をまっすぐかけてみましょう。
IMG_1929 ブロック
これで、腰を少し落とすだけで、左足の後ろ側のストレッチが可能です。
腰の動かし方、足の置き方、足の開く間隔、塀の高さなどで、
効果が変わります。
いろいろ試してみて下さい。

IMG_1930 ブロック
今度は後ろ向きになって左足をかけてみましょう。
これで、左足の前側がストレッチできます。
これも同じく、腰の落とし方や足の開き方などで
効果が変わりますので、いろいろ試してみて下さい。

IMG_1931 ブロック
では次は、横向きです。
これで、左足の内側のストレッチができます。
これも今までと同様、やり方で効果が変わります。

同様に、右足もやってみて下さいね。

今回のは、タイトルにも書きましたが、「足全般」です。
要するに、足のどの筋肉かという細かいものではなく、
文字通り、足全般をストレッチするものです。
ただ、塀などが必要なので、どこでもいつでも、とはいきませんが、
いろんなやり方を知っておいて損はありません。
自分に合ったものを早く見つけて下さいね。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ストレッチ・レッスン(腰)

今日のストレッチ・レッスンは、腰です。
腰のストレッチはとても難しいと思いがちですが、
実際にやってみると簡単です。
やったことがないだけ・・・きっとそんなもんです。

今日は、腰でも、腰の横をストレッチします。
まずは、四つん這いです。
膝下には座布団などを敷いて下さいね。
IMG_1320 背中~腰

四つん這いから、下の写真のようにします。
IMG_1321 背中~腰
左手、左足はそのままで、
右手を浮かし、右足は、身体の向こう側へ持っていき、
身体が倒れないように、3点で支えて下さい。

これはできますか?
ここができなければ、先へ行けませんよ!
バランス感覚が必要ですので、写真をよく見て挑戦してみて下さい。

では、これができた人は下の写真です。
IMG_1322 背中~腰
右手を写真のように、だら~んと床方向へ垂らして下さい。
身体の横面が、扇状になっているのが分かりますか?
手の重みを感じて、床方向に引っ張られるようなイメージです。
これで、身体を横向きに曲げてます。
腰の横がストレッチできればOK!
人によっては、脇腹しか伸びないとか、
腕しか伸びないという方もあると思います。
それは、それでもOKなのですが、
意識を、腰の横辺りに持っていって下さい。
ストレッチは、どこを伸ばしているのか?
その意識次第でものすごく変わります。

いかがですか?
できましたか?
では、次へいきますよ。
IMG_1323 背中~腰
右手を後ろ方向の遠くへ引っ張られるような感じで、
グ~っと、持っていって下さい。
手が伸びなければいけないとか、そんな形や美は関係ありません。
個人差がありますから、いけるところまででいいです。
大きく胸を開く感じです。
この時、後ろへ倒れないように、
しっかりと、後ろへやった右足が身体を支えて下さいね。

これで、肩甲骨~背中が少し捻じれるのを感じれればOKです。
ポイントは、右手の力を抜くことです。
力が入ったままだと、効果はほとんどありません。
うまく力を抜いて下さいね。

同様に反対側もやって下さいね。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ストレッチをやっているのに、痛みが取れない

読者からお悩みをいただきましたのでお答えします。

【 質問 】

ジョギングを始めて一年くらいになります。
最近は、10kmくらい走れるようになりました。
しかし、常に筋肉痛で困っています。
とくに、ふくらはぎは、
走っている途中でかなり痛くなります。
走る前後にストレッチはやっていますし、
靴もクッション性の高い物を履いています。
何が悪いのでしょうか?



実際にお会いしてみると、一番よくわかるのですが、
とりあえず、これだけの言葉から推測してお答えします。


結論から言います。
ストレッチのやり方が間違っている、
もしくは足らないと思われます。


なぜそう思ったかと言いますと、
1、関節への痛みを訴えていない。
走り方が悪ければ、関節を傷めるはず。

2、オーバーワークではない。
一年くらいかけて、最近になって、
10kmが走れるようになったくらいですから、
かなりのんびりペースです。

この2点からそう推測しました。


ストレッチをやっているつもりだけで、
実際にはできていない可能性があります。


ヨガは、「○○のポーズ」と名称が付いていて、
その形を求めます。
しかし、ストレッチは、形を求めるものではありません。
ひとりひとり身体の硬さは違います。
私のブログのストレッチ写真を見て、
「こんなのできないわ~!」と、言われた人があります。
それがそもそも間違っているんです。
私は形を教えているのではありません。
どこの筋肉をストレッチするかを伝えるために、
写真を載せているのです。
それが良く勘違いされるところです。


中でも、ふくらはぎは簡単にストレッチできます。
写真をよく見て、ゆっくりとやってみて下さい。

一番気を付けてほしいポイントは、

1、絶対に呼吸を止めない。
2、ゆっくりと伸ばす。
3、どこの筋肉を伸ばしているのか、しっかりと意識すること。

この3点に注意して、今一度やってみて下さい。

関連のページのリンクを下に貼りました。
どうぞご覧ください。

ストレッチ・レッスン(基本編)
ストレッチ・レッスン(ふくらはぎ)
レース中のふくらはぎストレッチ

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

このサイトの目的
健康やダイエットのため
走り始めたのに、
膝や足腰が痛い、
疲れが取れないなど、
良かれと始めた運動が
逆効果で困っていませんか?

整体師だからこそわかる、
筋肉や身体のケア方法や、
筋肉痛知らずで、
楽に長く走る方法、
そして、フルマラソン完走
ノウハウも含めて、
全部お教えします。
ご注意
このサイトで紹介している ストレッチや体操は、 自己責任で行って下さい。 万が一、ケガや故障が起こりましても、 一切責任は負いませんので、 くれぐれもご注意ください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


マイナビでコラム書いてます

記事数が増えましたので、目次から探しにくい時は、下の枠内に読みたい言葉を入力して探すことができます。
目次(新しく記事を書くたびに追加していきます)

◆はじめまして。

◆マラソン本の練習メニューなんて、こなせるわけがない!

◆何事も無理をしてはいけません

◆メルマガ登録始めます。

◆RYO整体院のりょうです


●なぜ走る?

◆健康のために走っているのに、なぜ、健康にならないか?

◆運動が健康のためではなく、逆に痛めつけている。

◆あなたはマラソン?ジョギング?

◆生きているからこそ走れる

◆速く走れることにどんな意味がある?

◆ランナーにすれ違う時、挨拶しますか?

◆運動オンチの私がなぜ、マラソンを始めたのか?

◆東北の人に負けないように、私も走ります

◆音楽の力は、生きる力を与える

◆走れるんだから走ろう!


◆100万アクセス突破!

◆100万アクセス突破までの軌跡

◆今年の目標設定されましたか?

◆だって、楽しくないことはやりたくありません!

◆エンジョイランは、スポーツではなく健康的な遊びです

◆150万アクセス、突破しました!

◆エンジョイランは、心から楽しむためのマラソン方法

◆「自分らしく」というのが一番楽しい!

◆目標だけではなく、過程を楽しむ!

◆いっぱい楽しんだもの勝ち!

◆マラソンブームに困惑する人がいる

◆人生楽しんだもの勝ち!

◆目標を定めず、漂流を楽しむ!

◆元気でも肉体は衰えている

◆200万アクセス突破!感謝します。

◆フルマラソンは誰との戦い?

◆防災×健康×マラソン=明るい未来(250万アクセス突破)

◆先輩の教訓を生かして走り続ける

◆過程を楽しむことが大切

◆積み重ねではなく、経験やノウハウを排除する

◆なぜフルマラソンを走る?

◆過去の記録を役立てて今日を生きる

◆市民レベルの特権=うまくいかなくても満足する気持ち

◆人生初のDNS

◆リオ五輪選考基準への疑問~福士選手頑張れ!

◆学べることの幸せ

◆今日はどんなことを発見しましたか?


●ストレッチ・レッスン(静的)

◆ストレッチとは何か?

◆ストレッチは必要ない?

◆ストレッチはやらなければいけないですか?

◆ストレッチは全部やらなければなりませんか?

◆ストレッチを何分やらなくてはいけませんか?

◆うまくストレッチができないという方へ

◆筋肉と会話する

◆基本編

◆応用編

◆太もも-1

◆太もも-2&肩甲骨

◆太もも-3(ねじる)

◆太もも-4(内側)

◆太もも-5(開脚)

◆太もも-6(外側)

◆太もも-7(女の子座り)

◆太もも-8(膝をあまり曲げずにする方法)

◆ハムストリングス-1

◆ハムストリングス-2

◆ハムストリングス-3

◆太もも後ろ&ひざの裏

◆太もも後ろ&ひざの裏(その2)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その3)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その4)

◆ふくらはぎ

◆アキレス腱

◆足の指

◆太もも&背中&脇腹&肩甲骨&首

◆脇腹&そけい部

◆そけい部&腰

◆ひざ下/前脛骨筋&つま先

◆足首&前脛骨筋

◆背中&腰&お尻&ハム

◆肩甲骨&背中&腕

◆お尻

◆足全般

◆腰

◆腰~横腹

◆腰~背中-1

◆腰~背中-2

◆腰~背中-3

◆腰~背中-4

◆腰~背中-5

◆背中~肩甲骨

◆肩こり解消ストレッチ(その1)

◆肩こり解消ストレッチ(その2)

◆肩こり解消ストレッチ(その3)

◆肩こり解消ストレッチ(その4)

◆肩こり解消ストレッチ(その5)

◆肩こり解消ストレッチ(その6)

◆肩こり解消ストレッチ(その7)

◆新聞読みながら開脚ストレッチ

◆新聞読みながら開脚ストレッチ(硬い人用)

◆足裏ストレッチ(足底腱膜炎の予防)

◆足首ストレッチ/五段活用(同時に前脛骨筋ストレッチ)


●動的ストレッチ

◆股関節

◆太もも

◆ひねりー1(ウエスト)

◆ひねりー2(腰、背中)



●バランスボールを使ったストレッチ

◆太もも後ろ側、股関節

◆股関節、お尻

◆背中、腰

◆横腹、脇

◆背中ねじり


●ストレッチ&エンジョイラン・クリニック

◆ストレッチ&エンジョイラン・クリニック開催しました

◆チェックシートを付けて身体の状態を知る

◆ストレッチをして身体が楽になった

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆呼吸の練習をしただけで、痛みが取れる?

◆筋肉にアプローチしているという感覚が初めて分かりました

◆第3回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆ストレッチの出張クリニックいたします

◆これまでストレッチだと思っていたことが、違っていた

◆力が抜けて、リラックスできた

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆第5回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック(フォーム中心)を開催します

◆5回目のストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆エンジョイラン走法の個人レッスン後、10kmを58分で完走!

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック開催しました

◆第6回ストレッチクリニック開催します

◆第7回ストレッチクリニック開催します

◆第6回ストレッチクリニック開催しました

◆第7回ストレッチクリニック開催しました

◆第8回ストレッチクリニック開催します

◆第8回ストレッチクリニック(ボール編)開催しました

◆第9回ストレッチクリニック開催します

◆第10回ストレッチクリニック開催します

◆第9回ストレッチクリニック開催しました

◆第10回ストレッチクリニック開催しました

◆第11回ストレッチクリニック開催します

◆ランニング個人レッスン

◆第11回ストレッチクリニック開催しました

◆レッスンでは、自分ができたかどうかのチェックが必要!


●筋肉痛解消マッサージ

◆前脛骨筋

◆ふくらはぎ

◆太もも(外側と裏側)

◆太もも(上側と内側)


◆フルマラソン終了後、立つのも激痛、歩くのも激痛・・・


●身体ケア

◆筋肉痛になってしまったら?

◆マラソンに、筋トレは必要なし!

◆足がつるとは?

◆私は筋肉痛になりません!

◆道具にこだわるなら、身体のケアにもこだわるべき!

◆自分で身体のケアができない人へ

◆レース中に、ふくらはぎがつった場合の応急ストレッチ

◆レース中のふくらはぎストレッチ

◆ストレッチをやっているのに、痛みが取れない

◆そもそも、身体のケアとは何か?

◆フルマラソンと小室サウンドが似ている理由

◆筋肉が硬くなると、どうなる?

◆呼吸の仕方だけで身体が変わる

◆ストレッチをする時間がない場合、どうする?

◆激痛との戦い、解決策は?

◆ストレッチ中は、目をつぶる!

◆あなたの歩幅は、左右おなじ?

◆ふくらはぎのむくみ解消、筋肉痛改善

◆マラソンに筋トレはやっぱり不要!

◆筋肉痛の時は走らない方がいいですか?

◆親指の爪が剥がれるんですけど・・・

◆お尻が痛い、筋肉痛を自分で治すやり方

◆筋肉が硬くなるから、関節が動きにくくなる

◆持久力UP!遅筋を増やす方法

◆マラソンに向いている身体を作ることは可能

◆マラソンをすると、なぜ風邪をひきやすくなるのか?

◆1kg体重が増えると、1kmのハンディとなる

◆ボルタレンを服用するのは良いのか?

◆私の身体には「風邪センサー」が付いています

◆寒い日は踏台昇降で汗をかきます

◆脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント症候群)とは?

◆アキレス腱炎とは?

◆温度変化型全身浴のススメ

◆寒い日の朝は、ぎっくり腰に要注意!

◆何事も適度が一番です

◆納得しないことは受け入れられない

◆O脚とガニ股は違う

◆XO脚、X脚、OX脚の人もいます

◆日常生活によるクセが原因で歪む

◆無理、無茶、無謀

◆ストレッチのやり過ぎはよくないですか?

◆マラソンやっていると、本当に健康?

◆マラソンすると、肩が凝る

◆マラソンしているのに、血行不良が起こるとは?

◆生活習慣ってよく聞くけど、それってなに?

◆筋肉は左右偏りなく動かすと良い

◆筋肉は伸ばし、関節は回す

◆患者も身体の事について知識が必要だ

◆偏平足はダメなのか?

◆病院へ行くより、整体の方が即効性が高い

◆人間は自分の身体を自分で治す力がある

◆精神的にゆったりした気持ちになると、不調が取れる

◆自律神経とは?

◆「力まない」と、「脱力する」は違う

◆神経が誤動作する

◆呼吸の仕方で筋肉を緩める

◆骨?関節?ボキボキ鳴るのはなぜ?

◆ストレッチが分かった瞬間の言葉

◆筋肉痛解消用品

◆左右のバランスが悪い

◆患部に触りもしない医師

◆3軒目のレントゲンで骨折が発覚

◆足裏、土踏まずが痛い

◆医師も人間、間違いはある

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その1)

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その2)

◆初フル後、10日経っても関節がまだ痛みます

◆睡眠中に足がつる

◆身体の後ろで両手が組めない

◆膝裏が痛い、自分で治すやり方

◆走りたいのに走れない人へ

◆なぜストレッチが続かないのか?

◆なぜストレッチが続かないのか?解決案

◆ストレッチは、効果が分かれば続けられる

◆あなたの筋肉も労働している

◆身体が硬い=背中が硬いのですか?

◆関節の可動範囲が大きい人は、身体が柔らかい

◆背骨の仕組み(脊椎)

◆身体の不調の大部分は、後ろ側にある

◆かかとが痛い・・・足底腱膜炎

◆かかとが痛い・・・踵骨骨底棘

◆「痛み」とは、身体が発する危険信号です

◆片側だけ痛むのは、悪いクセが原因

◆動けなくなるほどの痛みは危険です

◆テニスボールの弾力が身体ケアに役立つ

◆ジョギングしたのに、足がむくむのはなぜ?

◆むくみのメカニズム

◆リンパとは、ゴミ回収車のようなもの

◆疲労物質は急に止まらない!

◆寝る直前のストレッチを必ず行う

◆質の良い眠りへ誘導するためにストレッチを!

◆ツボの場所探しはとても難しい

◆ツボ押しよりストレッチが効果的

◆3ヵ月経っても痛みが引かない

◆熱中症とは?

◆体温調節機能で保たれている

◆痛風とは?

◆痛くてもホノルル走りたいけど、大丈夫?

◆オリンピックに影響されて、追い込み過ぎないように!

◆あなたは左右同じように、本当に動いていますか?

◆危険信号を早くキャッチしてください

◆足の甲が痛い→その理由と予防策

◆足の甲が痛い→その理由と予防策(その2)

◆健康のためのタイム目標でありたい

◆これから先、痛みや故障とならないために。

◆「足の甲が痛い」緊急調査!

◆そのうち、そのうちと思っている間に、大変なことになります

◆「足の甲が痛い」調査の分析結果

◆その程度でお帰りいただくわけにはいきません

◆自分の身体が教材であり、患者で先生でもあります

◆私は、20歳若く見られます!

◆病院へ行くべきかどうするべきか?

◆予防とは、検査に行くことでも、保険に入ることでもありません

◆背骨が曲がっている!

◆左手マウスで身体の歪み解消!

◆左手歯磨きで左右のバランスを整えよう!

◆身体と同じで柔軟な思考もお忘れなく!

◆湿布薬は効果あるのか?

◆足の親指が痛い!

◆「足の甲が痛い」解消法・・・シューズを変えてみる

◆ストレッチ不要論

◆知識があるとないの違いは大きい

◆ストレッチのし過ぎで痛めることはない

◆10/12(月・祝)FMラジオに出演します

◆なぜ筋肉痛になるのか?(ラジオ出演の補足)

◆整体は相性で効果が変わる


●自力整体

◆脛(スネ)が痛い

◆ふくらはぎが痛い

◆太ももや膝が痛い

◆足首・土踏まずが痛い

◆ひざが痛い→その1(お皿)

◆ひざが痛い→その2(太もも)


●膝(ひざ)ケア

◆走り始めの膝の痛み(その理由)

◆走り始めの膝の痛み(対処方法)

◆走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?

◆膝に痛みが出たらどうする?

◆膝の痛いところの解消法(押してみましょう)

◆膝関節のイラスト

◆体重が足の外側へかかるのは危険!

◆足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?

◆膝に悪影響を与えているのは「ひねり」

◆つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!

◆マラソンは膝のお皿に悪影響を与える

◆マラソンするなら、腸脛靭帯炎は知っておこう

◆走り始めに膝(ひざ)が痛い人の対処法

◆ひざを曲げると「ピキピキ」と音が鳴る

◆膝の屈伸テスト

◆膝の痛みを自分で治した方法

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(外側)

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(内側)


●関節の運動

◆ケガのないよう、注意して行って下さいね

◆肩関節の運動(その1、その2)


◆肩関節の運動(その3)

◆肩関節の運動(その4、その5)

◆足首の運動(その1)

◆足首の運動(その2)

◆膝関節の運動

◆股関節の運動(その1)

◆股関節の運動(その2)

◆股関節の運動(その3)

◆股関節の運動(その4)

◆股関節の運動(その5)

◆股関節の運動(その6)


●骨盤矯正

◆大元の原因は、骨盤にあり!

◆骨盤矯正は病院ではやってもらえない

◆骨盤矯正のホントの本当

◆骨盤矯正(骨盤歩き)

◆骨盤矯正(まっすぐ動かす)

◆骨盤矯正(横へ動かす)

◆骨盤矯正(平行に動かす)

◆骨盤体操-1

◆骨盤体操-2


●アイシングについて

◆アイシングとは?

◆アイシングの方法

◆アイシングの目的は冷やすことではない

◆アイシングが逆効果?

◆冷やす→温めるを繰り返すと、さらに良い

◆シャワーでアイシングする方法

◆アイシングの目的をはっきりさせよう


●コンプレッションウエアについて

◆痛みを道具でカバーするのは間違っている

◆筋肉の補助を外したら、また痛みます

◆レース用シューズ、レース用ウエア


●ストレッチに役立つ右脳の動かし方

◆「ジョギングがつまらない」という相談

◆感動する心が若さを保ち、ストレッチにも役立つ

◆筋肉にセンサーを動かしてみよう!

◆想像力を養う遊び(その1)

◆想像力を養う遊び(その2)

◆想像力を養う遊び(その3)

◆想像力を養う遊び(その4)

◆筋肉は浅いところと深いところがある


●楽に長く走る方法

◆楽に走りたければ、走らないこと・・・その真意は?

◆楽に走る方法(エンジョイラン走法)

◆1、二本のレールをイメージして進む

◆2、体重移動で身体を前へ進める

◆3、足はまっすぐ出す

◆4、身体の重心の真下に着地する

◆5、内股に体重を乗せる。

◆6、足首、つま先などを使ってキックしない

◆7、着地時に地面を押さない

◆8、前に出した足を引き付けるようにしない

◆9、身体は水平移動のイメージ

◆10、骨盤移動で前進する

◆11、呼吸は日常生活と同じ

◆11の2・・・6拍子呼吸法

◆12、腕は楽に力を抜く

◆13、きれいなフォームより、ケガをしないフォーム

◆13の2・・・正しい姿勢を目指す必要なし

◆膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由

◆膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

◆2本のレールの上を進む具体的な方法

◆走るという、固定概念を捨てること

◆歩く時も走る時も、小股です

◆このコツさえ覚えれば、楽に長く走れる

◆筋力ではなく、技術でもなく、コツを覚える

◆後傾姿勢は効率が悪い

◆前傾姿勢を覚えるための、邪道なやり方

◆エンジョイラン走法における、上り坂の攻略法

◆膝の屈伸力で全体重をうまく受けると楽になる

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・1)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・2 「ピョンピタ」)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・3「ひざを考える」)

◆マイナビニュースでコラムを書き始めました

◆なぜ、華奢な身体でも大丈夫なのか?

◆体軸のバランスをテストしてみよう!

◆マイナビニュースでのコラム第2回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第4回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第5回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第6回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第7回目UPされました

◆6拍子呼吸法の詳細

◆マイナビニュースでのコラム第10回目UPされました

◆痛くても走るか?止めるか?その基準は?

◆つじつま合わせができると完走できる


●マラソン・ノウハウ

◆こまめな水分補給って、具体的にどれくらい?

◆梅肉チューブで塩分補給!

◆フルマラソンにおける、体力低下イメージ

◆なぜ、フルマラソンが完走できないのか?

◆身体の耐久力を鍛える?それとも・・・

◆耐久テストで現れた欠陥!

◆必ずコースの試走をする

◆長時間、長距離走を経験するべし!

◆徐々にタイムを縮める、少しずつ距離を伸ばす

◆完走できなかった悔しさが力になる

◆「フルマラソンを完走できませんでした」という相談

◆プロとアマチュアのフォームは違っていて当たり前

◆走り始めがしんどい

◆「練習では43km走るのに、大会ではリタイヤ」という相談

◆夜ランの灯り、ライトを持つ?

◆マラソンに、いろんな練習方法は必要なし!

◆マイペース走&マイテンポ走で、楽に長く走る

◆苦しい時には、自分のテンポ曲を思い出す

◆心拍数、スポーツ心臓とは?

◆有酸素運動、無酸素運動とは?

◆美容と健康のためにマラソンを!

◆脂肪が燃焼するって、どういうこと?

◆ダイエットするなら、空腹ランニング

◆ランニング中の鼻水、どうする?

◆寒い日になぜ鼻水が出るのか?

◆映像に撮ると「自分の走るクセ」が良く分かる

◆NHKテレビ「3か月でフルマラソン!」始まる

◆300kgの重りが、1時間で5,000回も膝に衝撃を与える

◆トレッドミルだけのトレーニングで、フル完走が可能か?

◆ウォームアップを必ず行う

◆路面から受けるストレス(路面の傾斜)

◆路面から受けるストレス(路面の凸凹)

◆路面から受けるストレス(路面の段差)

◆テレビ番組を鵜呑みするのは危険です

◆何も変えていないのに、肩が痛みだした

◆水分補給は、のどが渇いてから

◆塩分補給をこまめに

◆「低ナトリウム血症」で、死亡者も発生

◆発汗量と脱水率の計算方法

◆練習後は喉が渇いて、コーラをがぶ飲みして困っている

◆サブフォー達成ならず・・・

◆奈良マラソン2012の反省&分析結果の報告

◆RUNNET(ランネット)混雑時の必勝法

◆勝手気ままな、セルフ・トレーニング-1

◆9/29(日)奈良マラソンの分割試走(26.3km)に行きます

◆意図的に力を抜くという、逆転の発想理論!

◆つま先着地は、かかとを着けず、つま先だけで着地するの?

◆大切なのは、自分の本当のリズム

◆練習で、42.195kmを一気に走ることがありますか?

◆まっすぐ行く?行かない?

◆RUNNET(ランネット)先着順受付必勝のコツ

◆RUNNET先着順受付で「失敗しない方法」2015

◆ある日突然痛みが出た

◆自分目線で足の出方をチェックしよう

◆自分目線で足の出方を修正する方法

◆下り坂がなぜ膝に悪影響を与えるのか?

◆ママチャリでもトレーニングに使えます。

◆アンクルウエイトで負荷を加える

◆マラソンは未来との戦い

◆花粉症対策/鼻と目

◆花粉症対策/のど

◆マラソン大会のネット受付は、今のままでいいのか?

◆マラソン大会の収支はどうなっている?

◆レース当日の雨、あなたならどうする?

◆テーピングのお陰で、奈良マラソン2015完走しました

◆関節は硬い方が良いのか?

◆寒い日の走る前のウォーミングアップに踏み台昇降

◆フルマラソンが完走できないとのお悩みをいただきました

◆追い込んでいるのに結果がついてこない

◆初フル参加へのアドバイスお願いします

◆マラニックは疲れるのにおススメする理由

◆どうしてもサブ4達成したい!というご相談

◆GPS機能付ランニングウォッチの買い替え

◆天国か地獄か?その差ってなんですか?

◆ランニングフォームは何を信じたらいいのか?

◆スタミナ切れの原因

◆心拍数を抑えるために、6拍子呼吸法

◆人体を理解すると、動きやトレーニングにだいぶ差が出る


●ひとりでする、ランニングフォーム改善方法

◆改善方法(その1)

◆改善方法(その2~観察)

◆改善方法(その3~スロー)

◆改善方法(その4~意識化)

◆改善方法(その5~ひとつずつ)

◆改善方法(その6~左右対称)

◆改善方法(その7~足音を気にする)

◆改善方法(その8~わざと間違ってみる)

◆利き手、利き足の関係(その1)

◆利き手、利き足の関係(その2)

◆利き手、利き足の関係(その3)

◆一度聞いただけでできたら苦労しない

◆知らず知らずにランニングフォームが変わっていく原因

◆路面の傾斜が原因でフォームが変わっていく

◆フォームの修正は、クセの修正でもある


●故障からの脱出方法

◆年齢を考える


◆速度を考える

◆速度を考え直す

◆回復を待つ

◆隠さないで打ち明ける

◆故障の原因を探る

◆重心を考え直す

◆リハビリは、ウォーキングから再開する

◆知らず知らずのうちに、間違ったフォームになっている

◆痛みの原因を自分で見つけ出すと改善は早い

◆人は人、自分は自分!

◆負けても楽しい接し方

◆失敗から教訓を得る

◆習慣を変えるのは困難?

◆痛みが反対側に現れる!?

◆痛みのあるところに原因があるとは限らない

◆故障で走れない間はどうするのか?

◆転んでもただでは起きない

◆リハビリランは、「歩き」をたっぷり交える

◆膝が痛くなった原因を探ってみました

◆WALK&RUNで、楽に長く行ける!

◆WALK&RUNが楽な理由

◆2種類のRUNで、歩かず走りきる方法

◆実年齢と気持ち年齢のギャップ

◆故障から練習再開する際に注意することは?

◆マイナビニュースで「腰痛改善」コラムを始めました。

◆肉離れで全治3週間からの再開方法


●マラソン・ノウハウ(大会準備)

◆大会当日に初めて身に付けるのは危険

◆表を持って走り、通過タイムでペース確認する

◆あなたのトイレラップは何分?

◆時間計算の相棒

◆予想タイム表

◆ラップタイムをどこで計りますか?

◆私のマラソン大会・必需品

◆私のマラソン大会・必需品(その2)

◆レースでは何を身につけて走る?

◆ボトルポーチを改良して重量分散

◆レース直前は、栄養源を身体に蓄えよう!

◆マラソン大会にエントリーするのもネットから

◆参加賞と完走メダルは、本当に有難いのか?


●マラソン・ノウハウ(大会当日)

◆レース中にできるストレッチ

◆レース中の栄養補給に、ゼリー飲料持参

◆マラソン途中から足が動かない・・・解決法

◆ガス欠=スタミナ切れを起こさないために

◆失速しない走り方、方法

◆スタート前の寒さ対策

◆服が擦れて痛い、切れる、血が出る。

◆大会当日のウォーミングアップ

◆奈良マラソン、完走しました(休まず走り切ろうとすると失敗する)

◆私の奈良マラソン2011分析グラフ

◆ハイタッチで、お互い勇気をもらい合う!

◆給水ポイントのテーブルは複数ある

◆給水コップの上を鷲掴みすると、楽に飲める

◆名前入りゼッケンは、元気100倍!

◆リタイヤした場合、そのまま自宅へ帰ってもいい?


◆マラソン大会途中、前を行くランナーが倒れた!どうする?

◆給水ポイントで体力回復を狙うのが一番

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その1)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その2)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その3)

◆ビニール袋2枚を重ね着して防寒対策で成功


●靴の履き方・選び方、インソール

◆あなたの靴の履き方は間違っている

◆靴の選び方

◆マラソンシューズの寿命はいつ?

◆靴下はどんなのを履く?

◆足の甲が痛い/靴の履き方で解消するワザ

◆インソールを入れ替える必要はあるのか?

◆インソールを途中で入れ替えると、シューズの寿命は延びるのか?


●折れない心の作り方

◆コース作り

◆同じコースを何度も走る

◆ペースを落とす

◆タイムを記録する

◆悪魔のささやきを断ち切る

◆お願いしたら、お礼に行くのが礼儀です

◆目標は他人に宣言するから達成できる

◆楽しさを見いだせなくなったら、お散歩ラン!

◆他人は他人、自分は自分。


●三日坊主からの脱出方法

◆1・記録を付ける


◆2・ぼちぼちやりましょ

◆3・とにかく出てみる

◆三日坊主は、三日やるから続かない

◆動機は不純な方が続きやすい

◆継続するには、目標を設定すること

◆マラソン始めたら、周りに言い触らしましょう!

◆通勤ランをする人

◆休日ランだけで、サブフォー達成した人

◆深夜ランのライフスタイルしかできない

◆早朝ランで規則正しく

◆寒さと億劫で走る気力がない時の解決法


●栄養、食事

◆スポーツドリンクは飲みにくい?

◆アイソトニック飲料とハイポトニック飲料とは?

◆人の体液と同じ浸透圧だから吸収率が早い

◆サプリメントは必要?それとも無駄?

◆ミネラル不足とは?

◆疲労回復のために、タンパク質を摂る

◆BCAAとは?

◆アミノ酸を摂り過ぎると太る?

◆プロテインは必要か?

◆ハンガーノックとは?

◆栄養ゼリー1本で17分

◆栄養ゼリーは薄めると飲みやすくなる

◆ミネラルウォーターで、ミネラル補給ができる

◆塩分補給には、天然塩がおススメ!

◆鉄分とは?

◆カルシウムをサプリメントで摂り過ぎると危険

◆バナナの保存方法


●夏対策

◆汗でベトベトにならない夏仕様ボトルポーチ

◆夏をおろそかにすると負ける

◆熱中症の原因

◆吸汗・速乾のポリエステル100%と、綿100神話


●ランニングイベント

◆第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ

◆第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!

◆「第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ」 開催しました

◆「第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!」 開催レポート

◆第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏

◆「第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏」 開催レポート

◆第四回・奈良名所巡りエンジョイランニング~矢田丘陵から大和の国を見下ろす絶景と斑鳩の里

◆9/19(月・祝)第四回奈良名所巡りエンジョイランニングは雨天中止

◆第5回・奈良名所巡りエンジョイランニング~箱庭のようなのどかさ満喫の柳生街道と石仏の名作


●エンジョイラン・販売物

◆エンジョイラン商品化第1弾!DVD 5/1発売!

◆DVDの感想をご紹介します

◆エンジョイラン、ついに書籍化決定!

◆私の本、amazon「売り切れ」でご迷惑をおかけしております

◆私の本、楽天ブックス・デイリーランキング第1位!!

◆今日も、私の著書がランキング第1位です!

◆ウイークリーランキングで、第1位を獲得しました!

◆書店では、面陳列、平積み店も多数あります!

◆私の声でエンジョイランを聴いてみませんか~国立FM

◆増刷決定!発売から約半年です!

◆200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)

◆300万アクセス突破記念、DVD特別価格!(期間限定!)

私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ロゴ enjoyrun
管理人:りょう
奈良市在住の整体師

このサイトは、こんな人が対象です。
1、健康やダイエット
  のために走っている。
2、楽に長く楽しく走りたい。
3、フルマラソンを止まらず、
  歩かず、完走したい。
4、筋肉痛になりたくない。
  また、すぐ改善させたい。
5、疲労を溜めたくない。
  また、すぐ回復させたい。
6、怪我、故障をしたくない。

RYO整体院ロゴー中
奈良市南登美ケ丘14-12
グリーンヒル学園前105号
RYO整体院
TEL.0742-44-8667

奈良マラソンを走ろう バナーロゴ


アクセスカウンター(TOTAL)
  • 累計:

300万アクセス突破!
   →2015年10月27日

200万アクセス突破!
   →2014年4月24日

100万アクセス突破!
   →2012年12月19日

スタート
   →2011年7月5日

バナー 20180527

バナー お問い合わせ

バナー メルマガ登録始めました



DVD発売中!

お風呂で毎日できるかんたんマッサージ/ジャケット
筋肉痛改善DVD
好評発売中!

facebookはじめました

最初から毎日書き続け、7/3で365投稿達成しました。今後は、毎週月曜日更新+αくらいで書いていきます。日付の上にマウスを持っていくだけで(クリックしなくても)、その日のタイトルが表示されます。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ギャラリー
  • フォトロゲイニングに参加してきました
  • フォトロゲイニングに参加してきました
  • フォトロゲイニングに参加してきました
  • フォトロゲイニングに参加してきました
  • フォトロゲイニングに参加してきました
  • クセを分解して忘れさせてから習得した方が早道です
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 「第17回奈良観光エンジョイランニング~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」開催レポート
  • 5/3奈良観光ラン、開催します
  • 「第16回・奈良観光エンジョイランニング~へぐり時代祭りと太古の息吹」レポート
QRコード
QRコード
走った距離時間を記録するサイト

時速と、1km当りの距離数は
どちらも自動計算してくれます。

RUNNET
■大会へのエントリー可能
■日常の記録を残す
・距離、高低差の表示可能
・自動計算
・グラフ化

JogNote
■日常の日記を残す
・距離表示可能(高低差表示なし)
・自動計算
・グラフ化

著作権について
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」に掲載されている文章や写真、イラスト、画像などの著作権は、管理人「りょう」にあります。 ●「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。 ●利用許諾については、メールにてお問い合わせください。
当サイトへのリンク
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクは、原則としてご自由に設定していただいてかまいません。承認のための連絡は不要ですが、コメント欄、もしくはメールにて報告いただけますと幸いです。●トップページ以外へのリンクは予告なしにファイル名を変更することがありますのでご注意ください。トップページのアドレスは、http://enjoy-run.comです。 ●リンクを設定する個所には、「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクである旨を明記してください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


  • ライブドアブログ