整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい! また、楽に走りたければ、走らないこと。 その真意は、このサイトの中に!

整体師ランナー「りょう」に学ぶ、
「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
Let's enjoy runnning!

毎日書き続けて365日経ちましたので、
これからは毎週月曜日に定期更新+αの更新で書いていきます。(2012,7,3)

コメント欄へのスパムが増えましたので、画像認証の設定をしました。
お手数ですがご了承ください。(2013,10,8)

第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花

「奈良名所巡りエンジョイランニング」を開催してきまして、私自身がいろいろ勉強させていただいております。走る喜び、観光の楽しさ、奈良の発見、仲間がいるからさらに楽しめます。今回行く「明日香村」は、日本の田風景が残る広大な棚田です。日本に住んでいて良かったと思える懐かしくのんびりした空気をいっぱい感じることができます。走るのがもったいないと感じたら歩きます。空気に呑み込まれるように一体となったら帰りたくなくなるかもしれませんよ!

①【イベント名】
第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング
案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花

2017年9月23日(土・祝)10時スタート 
●集合場所:近鉄吉野線・飛鳥駅(スタート・ゴールは同じ駅です)
●受付:9時30分~9時50分(スタートの10分前までに集合)

②【コース】 
マルコ山古墳、岩屋山古墳、高松塚古墳、案山子ロード~稲渕の棚田、石舞台古墳、亀石、鬼の俎・鬼の雪隠、吉備姫王墓などを巡る予定です。奈良県景観資産にも指定されているビュースポットをたくさん巡ります。

高松塚古墳
高松塚古墳

案山子ロード
案山子ロードのかかし(高さ約3m)

稲淵の棚田
稲渕の棚田(8月)

121A2015-2
稲渕の棚田(9月)

ちょうどこの日は、明日香村・稲渕の棚田が一年で一番賑わう日、「彼岸花祭り」が開催されます。また案山子ロードでは案山子コンテストもあります。さらに、「飛鳥光の回廊」イベントも同時開催されますので、ランニングが終わってまだ遊び足りない人は、飛鳥の夜も楽しむことができます。希望者はどうぞ飛鳥に残って満喫してくださいね。詳しくは、NPO法人明日香の未来を創る会のWEBをご覧ください。昨年の案山子コンテストの映像もご覧になれます。→NPO法人明日香の未来を創る会 
彼岸花祭り

③【距離】 約18km
今回はアップダウンがありますので少し短い距離で設定しました。道路はアスファルトです。案山子ロード(朝風峠)では観光客が多いと思われますので、危険回避のため歩きます。見晴らしの良いビュースポットへ行くために坂があります。坂道の距離としては長くないので、歩くことも想定しています。初心者でも気にせず参加してください。

キロ7分~8分程度で走ります。マラニック気分でのんびりランニング! トイレ休憩、景色休憩、臨機応変に対応していきます。タイムを競わずランニング遊びです。到着予定時間を午後3時頃と考えていますので、18kmを約5時間かけて行きます。

④【参加費】 2000円(当日支払)
傷害保険加入します。(交通事故、熱中症、心筋梗塞など対応) 

⑤【給食】 給食検討中。奈良の名物を何かご用意します。給水ポイントはありませんので、飲み物は各自でご用意お願いします。(自動販売機は途中にありますが、コンビニはありません。)

【荷物】 スタート・ゴールが同じ駅ですので飛鳥駅のコインロッカーが利用できます。また、途中駅「橿原神宮前駅」駅構内のコインロッカーも便利です。リュックに背負ってもOKです。

⑦【途中離脱可能】
石舞台古墳からバスがありますが、それ以外にはありません。

⑧【雨天中止】 ブログ、フェイスブックにて掲載

【参加申し込み方法】
参加申し込み専用フォームから一人ずつお申し込みください。(代理入力可)
https://ws.formzu.net/dist/S62862165/
定員は決めていませんが、だいたい20名くらいまでで考えています。人数が多くなりましたら締め切ります。 

≪主催イベント「エンジョイランニング」の趣旨≫
タイムを競うのではなく、みんなで楽しく一緒に走るイベントです。奈良の魅力を堪能できるコース作成で、古代の建造物や文化を見て、のどかな景色と空気を感じ、五感いっぱい楽しめるイベントです。基本的に拝観はせず見て通り過ぎます。ゆっくりのんびりゆるゆる行きますので、こんな距離走ったことないという人でも大丈夫です。班分けして走る順番を交代しながら行き、止まって記念撮影したり、奈良の名物を食べて、遊び心満載です。翌日に疲れや筋肉痛を残さないために、走る前後はもちろんのこと、途中でもストレッチするのも整体師ランナー主催だからこそ。名所により多少前後しますが、20kmくらいの距離ならば、スタートからゴールまでを4時間~4時間30分くらいかけてゆっくり行きます。

≪今後の予定≫詳細は近日発表(スケジュールに入れてくださいね)
10/15(日)大和三山とコスモス
10/29(日)奈良マラソンが100倍楽しくなる裏道(復路・東コース)
-------------------------------------------------
私の著書です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

あなたにとってマラソンとは何ですか?

■あなたにとって、マラソンとは?

「あなたにとってマラソンとは何ですか?」と尋ねられた時、なんと答えますか?即答できない人もいるかもしれませんね。プロじゃないんだからそんな大げさに考えもせず、ただ健康のため、楽しいから走ってます。という人が多いことと思います。でもそれでは「なぜ走っているんですか?」という質問に対する答えになってしまいます。私はこんな理屈が大好きなのです(笑)

■あなたにとって、なくてはならないものは?

「自分にとってマラソンとは何か?」と考えると、本当に答えに詰まってしまいますよね。トップランナーなら「いきがい」「人生そのもの」「なくてはならないもの」などと答える人が多いでしょうね。では少し角度を変えて質問をしてみましょう。「あなたにとって生きていく上で、なくてはならないものは何ですか?」 さあ、こう質問されると答えがあり過ぎて今度は困ります。「食べること」「スマホ」「家族」「恋人」などなど・・・いくらでも答えが想像できます。答えを出していった時、マラソンは何番目くらいに出てくるでしょう?

先日気付いたんですが、私にとってなくてはならないものは「温水便座」です(笑) スマホはなくても生活できますが、温水便座は必要です。昔「無人島へ一つだけ持って行くとしたら何を持っていきますか?」 なんて質問がありましたが、現実的にそこで生き延びることを考えると「ナイフ」でしょう。なのに、「ギター」「ゲーム」「本」「DVD」などと答える人がありましたが、電気もなく一人ぼっちを想定したら、助けが来るまで生き延びる手段が必要です。と、質問そのものが現実的ではないんだから、真剣に考える必要はないんですけどね(笑) 

■マラソンとは何か?

では最初の質問に戻って、「あなたにとってマラソンとは?」これも真剣に考える必要ないのが本当の答えかもしれません。と巡り巡って「真剣に答える必要なし」というのが私の結論です(笑) 何でもいいんじゃないですか?(笑) 大事なら大事なりです。遊びなら遊びでいいんです。それでいいと思います。「マラソンとは何か?」より「なぜ走るのか?」に対する答えは真剣に考えておく方が良い気がしています。何年も走っていると「走らなければならない」という義務感が出てきていませんか? 「今日走っておかなければ何日開いてしまう」とか、「月間走行距離が足らない」などと、自分なりの目標があってそこへ達成させるために無理やり走ることもあるでしょう。

「ストイックになる」という言葉があります。現代では「ストイック=がむしゃら」という意味に変わってしまっていますが(言葉は変化するので仕方ないですが)、ストイックに走っている人もちょくちょくありますよね。何度も故障する人、故障からの脱出方法に失敗する人は、ストイックな人が多い気がします。それはもうその人の性格ですから、他人がどうこう言えるものではありませんが、心配してしまいます。

■私にとってマラソンとは、生きていることを感じること

私にとって走ることは考えることであり、振りかえることでもあります。昨日のことや明日のこと、企画のこと、仕事のこと、などなどいっぱい考えます。図書館に行ってもなかなか良いアイデアは浮かびませんが、走っていると浮かびます。私にとって走ることは考える場所なのです。企画をする機会なのです。そして生きていることを感じる時間でもあります。空の青さや雲の動きを見ながら身体を動かし、自分の息づかいを感じ、新しい発見をして感動する機会なのです。これもまた人それぞれ。自分なりの楽しいマラソンライフを送ってくださいね。

バナー お問い合わせ
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

日々の練習の中で失敗が繰り返されていることに気付いてほしい

■人前で失敗する練習をする

私は今は整体師をしていますが、20代の頃は電機系企業でサラリーマンをしていました。その時に職場の先輩から誘われて「スキー」へ行く機会がありました。といっても冬だけのことだし、信州へワンシーズンに1~2度行く程度ですからそんなにうまくはなりませんでしたが今でも大好きです。スキーをされたことのある人でしたら分かると思いますが、一番初めには「転び方」を学びます。柔道が受け身から学ぶのと同じで、ケガをしないために転び方が重要なのです。言い方を変えれば、人前で失敗する練習をするわけです。日常生活の中では失敗を人に見せるなんて恥ずかしいことですが、スポーツでは自分がケガしないためにも、人にケガをさせないためにも、安全に配慮する必要があるのであえて失敗を練習するのです。

■間違ったフォームでもそこそこ走れる

ではマラソンはどうでしょう?失敗する練習なんてした人はきっといないことでしょう。というより、マラソンでの失敗ってどんなことが思い浮かびますか? レース途中で足がつって止まってしまった、ということが一番多いでしょうか? でもそれは大会当日の話ですよね。つまづいて転んだという人もあるでしょうが、そのための転び方を練習することはありませんよね。日々の練習での失敗となると、マメができたとか、膝を痛めたとかでしょうか? では練習中のことでも大会中のことでも、その失敗がなぜ起こったのかを検証したことがあるでしょうか? どんなスポーツでも間違ったフォームや間違った練習方法を続けていれば、なかなかうまくはならないものです。マラソンで失敗するのはなぜなのか?を、しっかり検証して改善する必要があるのに、ひとりで走っている人はきっとなにもできていないことと思います。検証できない一番の理由は、「間違ったフォームでもそこそこでしたら誰でも走れるから」だと思います。

マラソン人口は増えているように思いますが、その反面、やめていった人も多いと思います。思うように走れなくなった、故障がきっかけで走らなくなった、おもしろくなくなった、仕事が忙しくなった、家庭が忙しくなった・・・など、理由はいろいろ考えられます。ちょっとお休みしてまた再開しようと思われている人もあるかもしれません。

■自分のフォームを検証することができるか?

私の整体院にはマラソンされている人が毎日のように来院されます。クラブやチームに加入されている人も中にはありますが、ほとんどの人がひとりで走ってられます。ひとりでは、自分のフォームを検証する機会なんてまったくありません。初めて来院される人にはランシューズを持って来てもらい、駐車場で少しだけ走ってもらいます。ちょっと走ってもらうだけで、現在の痛みがどこから来ているのか分かることもあります。あるいは痛みがなくても近い将来、故障するかもしれない箇所を発見することもあります。さらに施術することで身体の状態が分かりますので、どのように筋肉を動かしているのか、その人のクセを見抜くこともあります。

■筋肉の使い方には、自分のクセがあることを知っておく

「筋肉の動かし方のクセ」というのを一つ例に挙げますと、右足のハムストリングス(太ももの後ろ側)と、左足のふくらはぎがパンパンに張っている人。実はこういう偏りのある人がとても多いんです。これはあくまでも例として挙げましたが、部位は違えど、左右対称に筋肉が動いていない人がとても多いんです。マラソンというのは、左右対称の動きをするスポーツです。なのに筋肉疲労に左右差が出ているということは、左右均等に筋肉を動かしていないという証です。さらに驚くことに、その左右差があることに本人が気付いていないということもお知りおきください。あなたもそのひとりかもしれませんよ!

■日々の練習の失敗に気付いてほしい

筋肉の使い方のクセは誰しも多少はあるものですが、最低限そのことをご自身で知っておいていただきたいです。これは、「日々の練習の中で失敗が繰り返されていることに気付いてほしい」という言葉に置き換えることもできます。ようするに、小さな左右差でも、何万回と繰り返されることで身体へのダメージが出てくるということです。あくまでも参考数値ですが1歩を1mとすれば、10kmで1万歩、20km走れば2万歩です。片足にかかる負担はその半分です。月間100km走る人は10万歩、片足には5万回の負担です。どんなに小さな誤差でも5万回も繰り返されたら悲鳴も上がるでしょう!と書いている私も気付かないことだってあります。先日、友人に少しだけ身体を押してもらったのですが、やっぱり自力整体とは全然違います。人に押してもらったり触ってもらうことで気付くことはとても多いです。だから痛みはなくても整体院に行くことをお勧めします。どうしても行けない人は、素人なりでも分かることもありますので、友人やご家族等に筋肉を押してもらってください。きっと発見があることでしょう。

大事なことなのでもう一度書きます。今日一番言いたいことは、筋肉の使い方のクセは、たとえ小さな左右差でも何万回と繰り返されれば身体への負担は大きいものになります。その誤差というのが、マラソンで言うところの日々の失敗なのではないかと私は思うのです。失敗に気付かないで練習していても、あまり上達はしないですよね。失敗に気付き、改善することが大事ですなのは誰でもわかるはずです。だから自分にとっての、誤差は何か?左右差は何か?失敗は何か?日々自分の身体に問いかけてほしいと思います。気付くことがまず大事です。

バナー お問い合わせ
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

信頼している人の話を信用するけど、それが正しいとは限らない

今日はマラソンではないのですが、怪我をした人のお話です。

■痛みがあって腕は上がらないのに治療終了?

家の中で転んで肘を負傷された女性の話です。救急車で病院へ運ばれ、レントゲン撮影したけど異常なし。湿布薬を処方され、その後もしばらく通院されましたが、一向に良くなりません。良くならないというのは、痛みがずっとあり、腕が上がらない、肘の曲げ伸ばしができないのです。何度か整形外科へ通院して1ヵ月経った頃、再度レントゲンを撮り、「もう治っているから通院しなくてもよい」と言われました。その時もまだ痛みはあり腕は上がらず、肘の曲げ伸ばしもまったくできなかったのに、治療終了告知。「先生、私こんなにまだ痛いし腕上がらないのにもう治ってるんですか?」「はい、あとは日にち薬で良くなります。湿布薬を多めに出しときますね。」

それから約1ヵ月、自宅療養されていましたが、痛みも引かず動かすこともできないので困り果てて知人に相談され、私の整体院に電話がかかってきました。電話で大筋聞いた時、お断りしようとしましたが、どうしても一度診てほしいと言われるのでその日の夜、出張して整体することになりました。

伺ってから状況をさらに詳しくお聞きし、ゆっくり腕を上げ下げ、肘を曲げ伸ばし、触った感じの第一印象は「何かおかしい」。肘から先がやけにぶらぶらした感じがしました。でも「骨折はしていない」と言われます。骨折でないとしたら、神経か靭帯の問題。はて?何が悪いのか? と考えていると、以前にも似たようなケースがあったことを思い出しました。

■人は信頼している人の話を信じる

「前にも同じような怪我をされた方があって、骨折じゃないって言われたけど、別な病院でもう一度診てもらうと骨折していたという人があったんですよ。」という話をしましたが、「私は大丈夫だ。その人とは違う。」と言い張ります。重ねるように、私自身の経験=「3軒目のレントゲンで骨折が発覚」もお話しましたが聞く耳持たず。

一日目は軽くさする程度にしておいて三日後、再度出張整体。状況は変わらず。もう一度聞きます。「私は骨折しているように思うんですけど?」「骨折してないって整形外科の先生はハッキリ言ったよ。」そりゃ~、先日初めて会った私の話より、信頼の厚い先生の方を信用しますよね。

■ひとりで不自由な生活はとてもつらい

この人は女性の一人暮らし。仕事も引退され、のんびり暮らしてられるのですが、怪我をしてからすでに2ヵ月、部屋の中が荒れています。片手使えなければ何もできなくて当たり前です。部屋は散らかり足の踏み場もなくなっています。洗濯物は乾燥機から出したまま、たたむことなく山積み状態。食べ物の空き袋が散乱、ペットボトルがゴロゴロ。

2度目行く前に電話して「何か欲しい物はありますか?」と尋ね、おにぎりやパンなどを買って行きました。お宅へお伺いしていますが、私は整体師です。ヘルパーさんでもお手伝いさんでもありませんが、不自由な生活を見過ごすことはできず、少し部屋の片付けもし、食器の洗い物をしてあげました。そして介護認定を申請してみてはどうかという話もしました。

3回目にお伺いした時、「やっぱり骨折しているように思うけど・・・」という言葉を出してみました。しかし、「整形外科の先生は骨折してない。あとは日にち薬で治るって言ってた。2回もレントゲン撮ったのよ。」「他の整形外科でも診てもらったら?」「いや、あの先生が折れてないって言うんだからそんな必要はない。ものすごい良い先生なんだから間違うはずがない。」「もし骨折だったら私には治せませんからね。ところで整形外科の先生はこの肘を触りましたか?」「いや、一度も触ってないけど?」「やっぱりか~、触れば分かるんですけどね。僕はやっぱり骨折していると思うので、別な病院で診てもらうことをお勧めしますよ。」こんな会話をしながらゆっくりと胸から腕をさするだけの優しい施術をしました。

■やっぱり骨折していた

その2日後、その人から電話がかかってきました。「違う病院で診てもらったら、骨折してるって言われました。あなたの言う通りでしたわ。ありがとうね。」と言われました。それ以降、その病院で現在も治療中ですが、どうやら元のように動くことはないそうです。骨折してから2ヵ月経っているんですから遅いですよね。「どうしてもっと早く来なかったんですか?」と言われたそうですが、最初の病院名を言うことができなかったそうです。そして介護認定の話も進めているようです。

■なぜ気軽にセカンドオピニオンを行動できないのか?

今日の話で私が言いたいのは、病院の悪口ではありません。むしろ患者に言いたいことです。自分の身体のことなのに、自分が分かっていないことがあまりに多く、他人の意見に対してどう判断してよいのか、それが分からないから決断できないのだと思います。信用している病院の先生の言葉を信じることも大切ですが、別な意見を聞いてみることも必要だと思います。これまでいろんな方にお会いして思うことですが、高齢者ほど一人の先生に頼る傾向が強いと思います。セカンドオピニオンが当たり前になってきていると言いながら、高齢者に限らず気軽に別な病院へ・・・とは言いにくいものです。なぜ言いにくいのか?むしろ言いにくくさせている状況に問題があるようにも思います。マラソンしていて、何か違和感を覚えたら病院へ行く人もあることでしょう。整骨院なら次々と変えていけるのに、整形外科だと変えていけないのはなぜでしょうか?そこに必要なのは勇気ではなく、知識かもしれませんね。

※セカンドオピニオンとは、現在通院中でありながら、同じ症状に対して違う病院で診てもらうことです。この人の場合は、すでに通院終了していたのでこれに当てはまらないと思います。

バナー お問い合わせ
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

「椎間板ヘルニア」「変形性膝関節症」の真犯人は別にいる

医学というのは本当に驚くほど進歩していて、ちょっと前までダメと言われていたことが今はOKということがよくあります。私のような50代半ばの人間にとっては、中学時代は運動中は水を飲むなと言われていました。だから顔を洗う振りをして水をよく飲んだものです。他にも挙げればきりがありませんが、今日は骨のお話を少ししましょう。

「椎間板ヘルニア」という病気を聞かれたことはありますか? 背骨は「椎体(ついたい)」という骨が重なってできていまして、その椎体と椎体の間に「椎間板(ついかんばん)」と呼ばれるクッションの役目をする軟骨があります。
脊柱-3
背中を丸めて横から見た図(上が頭、下が骨盤)

脊柱-4
          背骨の名称

「椎間板ヘルニア」というのは、椎間板が後ろ方向(写真では右方向)へピュッと飛び出して神経を圧迫することで起こると言われています。その患部そのものの痛みや、足への痛み、足のしびれなどが起こるのです。ところがある実験で新しい発見がされたというのです。それは痛みを感じていない人のCTスキャンをしたところ、椎間板ヘルニアと診断されてもおかしくない人が多数いたというのです。しかしその人たちは日常に痛みはなく、普通に生活されています。痛みがあって椎間板ヘルニアと診断された人よりも、もっとひどく神経を圧迫している人も多数いたのです。

これは病院の盲点だったのではないかと思うのです。病院には痛みやしびれなど、違和感のある人が来てレントゲンやCT映像を撮ります。しかし痛みのない人の映像を撮ることはあまりないことでしょう。どのような経緯で椎間板ヘルニアという病名が付けられたのかは知りませんが、おそらくたくさんの症例を元に導かれたことと思います。それが当たり前のように受け継がれてきているのでしょう。しかし医学はとにかく進歩しています。以前とは正反対のことを言われることがとても多いです。いまそのひとつにこの椎間板ヘルニアも入ろうとしています。神経を圧迫していたことで椎間板ヘルニアと診断された時代はすでに否定されているのです。しかし悲しいことに真犯人がまだ見つかっていません。だからいまだに椎間板ヘルニアと診断され、手術を勧められることもあります。

私の整体院にも「椎間板ヘルニアの手術をしたけど治っていない」と言われて来院される人がたくさんおられます。「医者は手術は成功した。あとは日に日に良くなっていくはずだ。」と言われるそうですが、一向に良くならないみたいです。挙句の果てに「しびれは完全には取れない」と医者に言われるそうで、それなら手術するんじゃなかったと嘆かれる人ばかりです。そんな人が一人や二人ではなく、手術した人全員がそう言われるので、ビックリしてしまいます。

そしてまたひとつ医学がひっくり返る事態が発見されました。「変形性膝関節症」は軟骨がすり減って骨同士が当たることで痛みが出ると言われてきたことが、否定されました。これもまた先ほどの例と同じで、膝が痛い人のレントゲンは撮るけど、痛くない人はあまり撮ることがなかったのでしょう。痛みのない人のひざのレントゲンを撮ると、すでに骨同士がくっ付いているのに、痛みなく日常生活を送っている人が多数おられたのです。もちろん膝の曲げ伸ばしも普通にできています。またその逆に、当たりもしていないのに痛いと言われる人が多数で、膝を曲げることができないのです。これもまたいまだに変形性膝関節症と診断されれば手術を勧められます。さて、どうしましょうね。

もうこうなってきたら、医学や病院が信じられなくなってきませんか? 私は「やっぱりか!」と思いました。以前にも書いたかもしれませんが、膝の中にある軟骨を全部取ってしまったという人がおられたんですが、「全然大丈夫よ。太ももの筋肉で支えてるから」と、あっさりと言われまして、普通に生活されています。もはや、医学も病院も疑ってかかった方が良いのかもしれませんよ。それに最近のテレビコマーシャルは製薬会社の宣伝が多すぎます。医学は儲け主義であってはならないと思います。

バナー お問い合わせ
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

問題!「ストレッチ写真の違い探し」

突然ですが、問題です!ストレッチ写真2枚で、違うところを探してください。考える時間は30秒です。スタート!
ストレッチ比較-1
















わかりましたか?











正解はこちらです。
ストレッチ-6
つま先が上がっているかどうかの違いです。な~んだ、そんなことくらい・・・、と思われたならやってみてください。こんな些細な違いでストレッチしている筋肉が変わります。ストレッチ本を見てストレッチできたつもりになっている人は、この違いを見つけることができなかったことでしょう。この2枚はどちらかが間違っているのではなく、別な筋肉をストレッチしている写真なのです。だから「違い探し」なのです。

では第2問!ストレッチ写真2枚で、違うところを探してください。考える時間は30秒です。スタート!
ストレッチ比較-2















わかりましたか?











正解はこちらです。
ストレッチ-5
手のひらの向きが違います。これもまた、間違い探しではなく、ストレッチしている筋肉が違うのです。あなたは写真の違いを見つけることはできましたか?

ヨガには「○○のポーズ」という決まりがあります。身体の硬い人はそもそもできないポーズが多いことでしょう。だから止めてしまう人も多いです。しかしストレッチは硬い人は硬いなりにご自身のできる範囲でするだけですので本当は簡単なはずです。しかしこのような細かい違いを本から見抜くことはとても難しいことです。できたつもり、やったつもりになってしまい、結局できてない人が多いと思います。先日のストレッチクリニックではこのような違いを体験していただくことで、ストレッチの大切さを学んでいただいております。また近いうちに開催したいと思いますので、その節はぜひお越しくださいね。
バナー お問い合わせ
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

自分自身で違和感や痛みを取ることができた証

第12回・ストレッチクリニックを開催しました。約一年振りに開催しましたが、内容的には初めて「自力整体」を多く取り入れてみました。私のクリニックはいつもカリキュラムがありません。どんな人が来られているのか見て、聞いて、ご期待に添える内容を進めていきます。

いつものように身体のチェックをしていただきます。ご自身で身体を動かし、何か違和感のあるところ、痛みのあるところに赤ペンで印を付けてもらうのですが、ある一人の流れを切り取りました。イラストが4つありますが、始める前から終わった後までの変化をご覧ください。

(1)始める前
ストレッチクリニック 1-1

(2)呼吸法を終えた時
ストレッチクリニック 1-2

(3)ストレッチ、自力整体を少しした後
ストレッチクリニック 1-3

(4)クリニック終了後
ストレッチクリニック 1-4

この人の最後のコメントです。
ストレッチクリニック 感想-4

ストレッチとは準備体操だと思っている人がきっと今もいると思います。しかしこの図を見られていかがでしょう?自分自身で違和感や痛みを取ることができた証です。マラソンをするならご自身の身体のケアもしっかり行ってほしいです。その手段が、ストレッチであり自力整体です。それができないのなら整体院へ通ってください。言い換えれば、しっかりご自身でケアできるのなら、整体院へ行く必要はないということです。いや、それはちょっと言い過ぎました(笑)やっぱり来てください(笑) 自分では気付いていないことに気付くことができるのが、はやり他力整体です。トレーニングや走行距離に応じてしっかりケアする必要もあるということを分かっていただきたいのです。

他の人のコメントも切り取りました。
ストレッチクリニック 感想-1

ストレッチクリニック 感想-2

ストレッチクリニック 感想-3

ストレッチを日常の中にしっかり組み込んでください。習慣化すれば大丈夫です。ストレッチしなければ生理的に気持ち悪く感じるようになれば、勝手に身体が動いてしまうようになります。そして今回参加者から「テキストなどを見なくてもできる10分ストレッチが知りたい」という要望がありましたのでお応えしました。その要領は、覚えようとするのではなく身体で感じることです。だから想像力が必要なのです。私はいつも「筋肉と会話する」という言葉を使います。身体に問いかけるとちゃんと答えてくれます。しかし想像力のない人には分からないんです。これは宗教的やスピリチャル的なことではありません。そんな非科学的なことを私は言っているのではなく、ご自身の身体にしっかり向き合えば、身体が発する危険信号をキャッチすることができるのです。私のクリニックに参加された方には、テキストで覚えて帰るのではなく、身体で感じ取ってもらっています。筋肉と会話できるようになれば、テキストなんて必要ないからです。ブログもずいぶん書いてきました。読みたいところを探すのが面倒、読んだけどよく分からない、もっと知りたい、そんな人はお気軽にお問い合わせしてくださいね。
バナー お問い合わせ
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

仙腸関節に自力整体してみよう!

■関節なのに関節らしくない

自力整体の話を何度か書いていますが、今日は絶対にご自身で施術してほしい場所を言います。名称なんて覚えなくてもいいのですが、ご自身でもなんとなく「そこ変だと思ってた!」と感じてられる場所だと思います。それが「仙腸関節(せんちょう・かんせつ)」です。名前は聞いたことあるけど、よく知らない。そういう人もあるでしょう。骨盤矯正の話には必ず出てくる関節です。またダイエット法にも出てきますよね。仙腸関節を整えれば健康になるとも言われています。ところが、関節という名称なのに、関節らしくない、とても不思議な関節です。だからこそ、自力整体が必要な関節なのです。

骨の名称から見る

以前にも登場した骨の写真です。おおまかに場所が分かるように名前を入れてみました。人間の身体を後ろから見たところです。写真では肉が付いていませんが、普通ならば背中が見えていると想像してください。足も途切れているし、腕やろっ骨がないので変に見えますが、中心だけの骨で、整体ではよく使う模型です。
脊柱-0
背中から見た図

そして骨盤だけを抜粋してみました。そこに青い矢印を二つ入れましたのでご覧ください。
骨盤-2
骨盤の図

この青い矢印2本の場所にある隙間が「仙腸関節」です。もう少し骨に名称を入れてみましょう。
骨盤-00
骨の名称

文字を入れると少し分かりにくくなったかもしれませんが、この写真を眺めながらご自身のお尻に手を当てて、仙腸関節の位置を触ってみてください。うまく触れますか?関節というくらいだから、関節らしく動いてくれれば簡単に分かるのですが、動かない関節なので分からない人もいることでしょう。

■仙腸関節にアプローチしてみよう!

位置を説明する時は、「仙骨と腸骨の間にあるのが仙腸関節です」となります。この仙腸関節をテニスボールで押してみましょう。と言われて、どうやってするかすぐ分かった人は素晴らしいです!では具体的な方法です。下の写真をご覧ください。
IMG_3174 ●
このような態勢であれば、自分で仙腸関節にアプローチすることが可能です。この写真は以前にご紹介したものです。(→お尻が痛い、筋肉痛を自分で治すやり方) その時には、お尻が痛いという筋肉痛解消法としてご紹介していますが、それよりも骨格のことが分かった上で、自分の仙腸関節めがけてボールを当ててみてください。大発見があるはずです。と、大げさに言って何もなかったら失礼ですが(笑)、ちょっと乗るだけで痛い人はとんでもなく痛いはずです。私の整体院に来院される人で、マラソンしている人には必ずここは施術する所なんですが、痛いと言われる人がほとんどです。それは長距離走ることによって酷使している証拠です。

絶対グリグリしない

他にもお尻の周辺に少しずつ位置を変えながらボールに乗ってみてください。乗り方は以前にも書きましたが、グリグリするのではありませんよ。ゆっくりギューっと5~10秒乗ったら力を緩めてボールの場所を少し動かし、またゆっくりと5~10秒乗ったら力を緩めてボールの位置を動かし・・・という繰り返しです。乗る力加減を変えたり、乗る角度を変えることで大発見が必ずあります。また股関節周辺も乗ってみてほしいです。ランニングレッスンの時には必ず説明するのですが、お尻というのは足の付け根です。お尻はほぼ足だと思ってほしいのです。ということは、終わった後はしっかりケアも必要な個所であるということです。次回のストレッチクリニックはこのような自力整体も加えながら身体のケアの仕方をレクチャーしていきます。ぜひご参加くださいね。

ストレッチクリニック開催します。
「自分の身体のことは自分が一番よく分かっている」と本当に言い切るためのきっかけがストレッチです。検査や機械では分からない身体の変化や痛みをいち早く知り、自分自身の力で改善する予防薬・万能薬のようなものです。ストレッチクリニックではストレッチだけでなく、自力整体も行います。少人数制ですから、先生が前でやっているのを見て「できているんだかできていないんだか分からないレッスン」ではありません。実際に手取り足取りレクチャーします。しっかりひとりひとりに寄り添って、100%完全習得を目指します。
2017年7月9日(日)午後1時~4時
バナー 20170709
第12回ストレッチクリニックを開催します
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

今日ちゃんと生きれましたか?

■がん患者は本当に増えたのか?

最近がん患者が増えていると思いませんか?昔は「がん家系ですか?」という質問項目が問診表にあったのを覚えていますが、今もあるのでしょうか?今は二人に一人はがんになる時代。なぜそうなったのでしょう?私はその理由を知りません。本当に昔に比べてがん患者が増えたのでしたら、その理由を調べている人たちが必ずいるはずです。しかし原因結果を私は聞いたことがありません。原因ではないのですが違うことを聞いたことがあります。がん検診を受ける人が増えているそうです。早期発見でがんは治癒可能な時代になりましたからね。私の周りでも早期発見だったから助かったという人がいます。でもそれって本当の事実なのでしょうか?

■がん細胞は毎日変化している

がん研究者の話でこんなことがあるそうです。がん細胞は毎日身体の中で生まれては消えての繰り返し。今日検査したらがん細胞を発見できるかもしれないけど、明日検査していたら発見されないかもしれない。検査機器が進化してかなり小さながん細胞まで見つけることができるようになったそうです。その機器により、明日には消えてなくなっているであろうがん細胞を今日発見したことで、がん患者にされてしまう。その話が本当だとすれば、がん検診なんて行かない方が良いとなる。しかし、放っておけば取り返しのつかないことになるかもしれない。だから検診に行くわけですよね。

■健康診断は受けるべきか?

あなたは健康診断には定期的に行かれていますか?実は私はサラリーマンを辞めてから行ってないので、約28年行っていません。それでも病気になったことはありません。マラソンが病気を遠ざけている可能性はありますが、それでもここ8年の話です。市役所から大腸がんの検査はがきが届きますが、それも行ったことがありませんし、これからも行くつもりはありません。映画かドラマで「自分の身体のことは自分が一番よく分かっている」という台詞がありました。しかし実はその逆で「自分の身体を一番分かっていないのは自分」なのですよね。

■明日が来ないかもしれない恐怖

あなたは死んだことがありますか?ないに決まってますよね。しかし生死をさまよった人はいるでしょうが、それでもかなり少数だと思います。しかし多くの人が死に近い感じを体感していることがあります。それが眠りだと思うのです。今日寝ると明日必ず目覚めると誰もが思っています。しかしもし、目覚めることがなかったら、それは死です。年配の人で「今日寝るのが怖い。寝ても明日の朝は目覚めないかもしれないから。」と言われた方があります。若い人には分からない感情です。でももし同じような感情を持つことができたとしたら、自分自身が変われるかもしれないと思うのです。「今日寝ることで自分の一生はこれで終わる」そう思って眠り、もし明日の朝目覚めることができたとしたら、それは新しい人生の始まりになるのです。言いかえれば、一日一日が新しい命を授かったと解釈すれば、今日の生き方が変わると思います。

■今日ちゃんと生きれたか?

「明日がないかもしれない」そう思うと、今日ちゃんと生きれたか自信がありません。つい「明日でもいいや」と思ってしまう。多くを望み多くを実行しようとするけど、当たり前にやってくる明日のある幸せ。そんな大切な一日の中で、自分はどれだけ人の役に立っているのだろう? と、大きな課題を考えてしまう。でも小さな毎日の中にもあることに気付いた。たとえば、先日卓球の試合で負けた。自分中心で考えると負けて悔しい。しかし相手は勝って嬉しい。だから「相手に勝つ喜びを私は与えてあげたんだ」と解釈してみる。「自分を犠牲にして人に喜びを与え、その喜ぶ姿を見て自分も喜ぶ」ちょっぴり自分も幸せ気分。自分が苦しい時でも、人に優しさや思いやりを忘れず、人を幸せな気持ちにさせる、そんな人になりたいです。今日という一日に感謝。

今日は少し硬い話になりましたが、前から思っていたことで、いつかは書こうと思っていたことです。マラソンから逸れた話になりましたが、今日はいいよね。

ストレッチクリニック開催します。
「自分の身体のことは自分が一番よく分かっている」と本当に言い切るためのきっかけがストレッチです。検査や機械では分からない身体の変化や痛みをいち早く知り、自分自身の力で改善する予防薬・万能薬のようなものです。ストレッチクリニックではストレッチだけでなく、自力整体も行います。少人数制ですから、先生が前でやっているのを見て「できているんだかできていないんだか分からないレッスン」ではありません。実際に手取り足取りレクチャーします。しっかりひとりひとりに寄り添って、100%完全習得を目指します。
2017年7月9日(日)午後1時~4時
バナー 20170709
第12回ストレッチクリニックを開催します
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

太ももが痛い、筋肉痛を自分で治すやり方

■自力整体をした上で、時々他力にお世話になるのが良い

自力整体(じりき・せいたい)に対しての言葉として、あえて言うなら他力整体(たりき・せいたい)という言葉もあります。他力による整体とは、結局のところ整体院に行って施術してもらうことです。以前、ストレッチや自力整体のアドバイスをしたところ、「自分でするのは邪魔くさいよ。ここへ来たら寝っ転がっているだけでやってもらえるんだから、また来るよ。」と言われた人があります。それは一理あるんですが、マラソンしている人にとっては、それだけでは不十分だと思います。日頃は自力でストレッチや整体をした上で、時々整体院にも通う。それがBESTです。

■テニスボール使うとカンタン!

自力整体の具体的なやり方を、今日は一つご紹介します。以前、テニスボールを使ってひざ裏お尻の自力整体を紹介しましたが、今日は太ももです。(以前の記事→膝裏が痛い、自分で治すやり方お尻が痛い、筋肉痛を自分で治すやり方) まずは下の2枚の写真をご覧ください。見やすくするために体重を乗せる前の写真です。
自力整体-1
自力整体-2
この2枚の写真の違いは分かりますか?パンツがめくれているところ? それもありますが(笑)ボールの位置の違いです。太ももの筋肉に対して上から下まで自力整体してほしいのです。では具体的なやり方です。

■反対の足で体重をコントロール

身体は横向きに寝転がります。写真に合わせて説明しますと、身体は左向きですので、左足の太ももの外側にボールを当てます。この時、右足のひざが立っているのが分かりますでしょう?実は右足で体重乗せるのを制御しているんです。テニスボールに体重を乗せきると、とんでもなく痛いです。だから少しずつ体重を乗せるように右足でコントロールしているわけです。そして、ボールの当てる位置をお尻の横からひざ近くまで順々に当てていきます。

■絶対にグリグリしない

「順々に当てていく」と書いたところに大きな手順がありますので、よく読んでから行ってください。テニスボールを使って筋肉に当てると説明しましたら一番よく間違われるのが「グリグリするんですね」と言われることです。それは間違いです。絶対にグリグリしてはいけません。自分で治すどころか、さらに悪くしてしまいますので絶対にやめてください。

■ひとつひとつ進む

ボールを当てたらギューっと体重を乗せます。どの程度乗せるのかは痛み具合にもよりますが、痛いと気持ち良いが半々くらいのところまで乗ってください。5~10秒程度乗ったら、一度ボールへの当たり方を緩めます。ようするに一度離すわけです。そして少しボールの位置を動かしたら、またギューっと乗りに行きます。これをまた5~10秒。というように繰り返してください。それがお尻のあたりからひざ近くまでいくわけです。

■太もも内側を自力整体する

では次に身体をやや斜め下向きに変えて、テニスボールを左足太ももの内側に当たるようにします。
自力整体-3
身体を少し斜めにする

自力整体-4
太ももの内側に当てる

自力整体-5
ひざ近くまで当てる

手順は先ほどと同じです。ギューっと乗ったら一度緩めて位置を変え、またギューっと乗る。この繰り返しです。

■太もも前側を自力整体する

今度はうつ伏せになります。分かりやすいように足先とお尻を浮かせて撮ってみました。こんな態勢です。
自力整体-6
太ももの前にボールを当てる

自力整体-7
お尻を下してギューっと乗る

これも手順は同じです。太もも前側は、やや外寄り、真ん中、やや内寄り、それぞれ行うと最適です。反対の足も同様に行ってください。

ストレッチクリニックでもこの自力整体を行います。写真では分からないという方はぜひお越しください。実際に手取り足取りレクチャーします。少人数制ですから、先生が前でやっているのを見て「できているんだかできていないんだか分からないレッスン」ではありません。しっかりひとりひとりに寄り添って、100%完全習得を目指します。

ストレッチクリニック開催します。
2017年7月9日(日)午後1時~4時
バナー 20170709
第12回ストレッチクリニックを開催します
-------------------------------------------------
私の著書です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
このサイトの目的
健康やダイエットのため
走り始めたのに、
膝や足腰が痛い、
疲れが取れないなど、
良かれと始めた運動が
逆効果で困っていませんか?

整体師だからこそわかる、
筋肉や身体のケア方法や、
筋肉痛知らずで、
楽に長く走る方法、
そして、フルマラソン完走
ノウハウも含めて、
全部お教えします。
ご注意
このサイトで紹介している ストレッチや体操は、 自己責任で行って下さい。 万が一、ケガや故障が起こりましても、 一切責任は負いませんので、 くれぐれもご注意ください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


マイナビでコラム書いてます

記事数が増えましたので、目次から探しにくい時は、下の枠内に読みたい言葉を入力して探すことができます。
目次(新しく記事を書くたびに追加していきます)

◆はじめまして。

◆マラソン本の練習メニューなんて、こなせるわけがない!

◆何事も無理をしてはいけません

◆メルマガ登録始めます。

◆RYO整体院のりょうです


●なぜ走る?

◆健康のために走っているのに、なぜ、健康にならないか?

◆運動が健康のためではなく、逆に痛めつけている。

◆あなたはマラソン?ジョギング?

◆生きているからこそ走れる

◆速く走れることにどんな意味がある?

◆ランナーにすれ違う時、挨拶しますか?

◆運動オンチの私がなぜ、マラソンを始めたのか?

◆東北の人に負けないように、私も走ります

◆音楽の力は、生きる力を与える

◆走れるんだから走ろう!


◆100万アクセス突破!

◆100万アクセス突破までの軌跡

◆今年の目標設定されましたか?

◆だって、楽しくないことはやりたくありません!

◆エンジョイランは、スポーツではなく健康的な遊びです

◆150万アクセス、突破しました!

◆エンジョイランは、心から楽しむためのマラソン方法

◆「自分らしく」というのが一番楽しい!

◆目標だけではなく、過程を楽しむ!

◆いっぱい楽しんだもの勝ち!

◆マラソンブームに困惑する人がいる

◆人生楽しんだもの勝ち!

◆目標を定めず、漂流を楽しむ!

◆元気でも肉体は衰えている

◆200万アクセス突破!感謝します。

◆フルマラソンは誰との戦い?

◆防災×健康×マラソン=明るい未来(250万アクセス突破)

◆先輩の教訓を生かして走り続ける

◆過程を楽しむことが大切

◆積み重ねではなく、経験やノウハウを排除する

◆なぜフルマラソンを走る?

◆過去の記録を役立てて今日を生きる

◆市民レベルの特権=うまくいかなくても満足する気持ち

◆人生初のDNS

◆リオ五輪選考基準への疑問~福士選手頑張れ!

◆学べることの幸せ

◆今日はどんなことを発見しましたか?


●ストレッチ・レッスン(静的)

◆ストレッチとは何か?

◆ストレッチは必要ない?

◆ストレッチはやらなければいけないですか?

◆ストレッチは全部やらなければなりませんか?

◆ストレッチを何分やらなくてはいけませんか?

◆うまくストレッチができないという方へ

◆筋肉と会話する

◆基本編

◆応用編

◆太もも-1

◆太もも-2&肩甲骨

◆太もも-3(ねじる)

◆太もも-4(内側)

◆太もも-5(開脚)

◆太もも-6(外側)

◆太もも-7(女の子座り)

◆太もも-8(膝をあまり曲げずにする方法)

◆ハムストリングス-1

◆ハムストリングス-2

◆ハムストリングス-3

◆太もも後ろ&ひざの裏

◆太もも後ろ&ひざの裏(その2)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その3)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その4)

◆ふくらはぎ

◆アキレス腱

◆足の指

◆太もも&背中&脇腹&肩甲骨&首

◆脇腹&そけい部

◆そけい部&腰

◆ひざ下/前脛骨筋&つま先

◆足首&前脛骨筋

◆背中&腰&お尻&ハム

◆肩甲骨&背中&腕

◆お尻

◆足全般

◆腰

◆腰~横腹

◆腰~背中-1

◆腰~背中-2

◆腰~背中-3

◆腰~背中-4

◆腰~背中-5

◆背中~肩甲骨

◆肩こり解消ストレッチ(その1)

◆肩こり解消ストレッチ(その2)

◆肩こり解消ストレッチ(その3)

◆肩こり解消ストレッチ(その4)

◆肩こり解消ストレッチ(その5)

◆肩こり解消ストレッチ(その6)

◆肩こり解消ストレッチ(その7)

◆新聞読みながら開脚ストレッチ

◆新聞読みながら開脚ストレッチ(硬い人用)

◆足裏ストレッチ(足底腱膜炎の予防)

◆足首ストレッチ/五段活用(同時に前脛骨筋ストレッチ)


●動的ストレッチ

◆股関節

◆太もも

◆ひねりー1(ウエスト)

◆ひねりー2(腰、背中)



●バランスボールを使ったストレッチ

◆太もも後ろ側、股関節

◆股関節、お尻

◆背中、腰

◆横腹、脇

◆背中ねじり


●ストレッチ&エンジョイラン・クリニック

◆ストレッチ&エンジョイラン・クリニック開催しました

◆チェックシートを付けて身体の状態を知る

◆ストレッチをして身体が楽になった

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆呼吸の練習をしただけで、痛みが取れる?

◆筋肉にアプローチしているという感覚が初めて分かりました

◆第3回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆ストレッチの出張クリニックいたします

◆これまでストレッチだと思っていたことが、違っていた

◆力が抜けて、リラックスできた

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆第5回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック(フォーム中心)を開催します

◆5回目のストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆エンジョイラン走法の個人レッスン後、10kmを58分で完走!

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック開催しました

◆第6回ストレッチクリニック開催します

◆第7回ストレッチクリニック開催します

◆第6回ストレッチクリニック開催しました

◆第7回ストレッチクリニック開催しました

◆第8回ストレッチクリニック開催します

◆第8回ストレッチクリニック(ボール編)開催しました

◆第9回ストレッチクリニック開催します

◆第10回ストレッチクリニック開催します

◆第9回ストレッチクリニック開催しました

◆第10回ストレッチクリニック開催しました

◆第11回ストレッチクリニック開催します

◆ランニング個人レッスン

◆第11回ストレッチクリニック開催しました

◆レッスンでは、自分ができたかどうかのチェックが必要!


●筋肉痛解消マッサージ

◆前脛骨筋

◆ふくらはぎ

◆太もも(外側と裏側)

◆太もも(上側と内側)


◆フルマラソン終了後、立つのも激痛、歩くのも激痛・・・


●身体ケア

◆筋肉痛になってしまったら?

◆マラソンに、筋トレは必要なし!

◆足がつるとは?

◆私は筋肉痛になりません!

◆道具にこだわるなら、身体のケアにもこだわるべき!

◆自分で身体のケアができない人へ

◆レース中に、ふくらはぎがつった場合の応急ストレッチ

◆レース中のふくらはぎストレッチ

◆ストレッチをやっているのに、痛みが取れない

◆そもそも、身体のケアとは何か?

◆フルマラソンと小室サウンドが似ている理由

◆筋肉が硬くなると、どうなる?

◆呼吸の仕方だけで身体が変わる

◆ストレッチをする時間がない場合、どうする?

◆激痛との戦い、解決策は?

◆ストレッチ中は、目をつぶる!

◆あなたの歩幅は、左右おなじ?

◆ふくらはぎのむくみ解消、筋肉痛改善

◆マラソンに筋トレはやっぱり不要!

◆筋肉痛の時は走らない方がいいですか?

◆親指の爪が剥がれるんですけど・・・

◆お尻が痛い、筋肉痛を自分で治すやり方

◆筋肉が硬くなるから、関節が動きにくくなる

◆持久力UP!遅筋を増やす方法

◆マラソンに向いている身体を作ることは可能

◆マラソンをすると、なぜ風邪をひきやすくなるのか?

◆1kg体重が増えると、1kmのハンディとなる

◆ボルタレンを服用するのは良いのか?

◆私の身体には「風邪センサー」が付いています

◆寒い日は踏台昇降で汗をかきます

◆脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント症候群)とは?

◆アキレス腱炎とは?

◆温度変化型全身浴のススメ

◆寒い日の朝は、ぎっくり腰に要注意!

◆何事も適度が一番です

◆納得しないことは受け入れられない

◆O脚とガニ股は違う

◆XO脚、X脚、OX脚の人もいます

◆日常生活によるクセが原因で歪む

◆無理、無茶、無謀

◆ストレッチのやり過ぎはよくないですか?

◆マラソンやっていると、本当に健康?

◆マラソンすると、肩が凝る

◆マラソンしているのに、血行不良が起こるとは?

◆生活習慣ってよく聞くけど、それってなに?

◆筋肉は左右偏りなく動かすと良い

◆筋肉は伸ばし、関節は回す

◆患者も身体の事について知識が必要だ

◆偏平足はダメなのか?

◆病院へ行くより、整体の方が即効性が高い

◆人間は自分の身体を自分で治す力がある

◆精神的にゆったりした気持ちになると、不調が取れる

◆自律神経とは?

◆「力まない」と、「脱力する」は違う

◆神経が誤動作する

◆呼吸の仕方で筋肉を緩める

◆骨?関節?ボキボキ鳴るのはなぜ?

◆ストレッチが分かった瞬間の言葉

◆筋肉痛解消用品

◆左右のバランスが悪い

◆患部に触りもしない医師

◆3軒目のレントゲンで骨折が発覚

◆足裏、土踏まずが痛い

◆医師も人間、間違いはある

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その1)

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その2)

◆初フル後、10日経っても関節がまだ痛みます

◆睡眠中に足がつる

◆身体の後ろで両手が組めない

◆膝裏が痛い、自分で治すやり方

◆走りたいのに走れない人へ

◆なぜストレッチが続かないのか?

◆なぜストレッチが続かないのか?解決案

◆ストレッチは、効果が分かれば続けられる

◆あなたの筋肉も労働している

◆身体が硬い=背中が硬いのですか?

◆関節の可動範囲が大きい人は、身体が柔らかい

◆背骨の仕組み(脊椎)

◆身体の不調の大部分は、後ろ側にある

◆かかとが痛い・・・足底腱膜炎

◆かかとが痛い・・・踵骨骨底棘

◆「痛み」とは、身体が発する危険信号です

◆片側だけ痛むのは、悪いクセが原因

◆動けなくなるほどの痛みは危険です

◆テニスボールの弾力が身体ケアに役立つ

◆ジョギングしたのに、足がむくむのはなぜ?

◆むくみのメカニズム

◆リンパとは、ゴミ回収車のようなもの

◆疲労物質は急に止まらない!

◆寝る直前のストレッチを必ず行う

◆質の良い眠りへ誘導するためにストレッチを!

◆ツボの場所探しはとても難しい

◆ツボ押しよりストレッチが効果的

◆3ヵ月経っても痛みが引かない

◆熱中症とは?

◆体温調節機能で保たれている

◆痛風とは?

◆痛くてもホノルル走りたいけど、大丈夫?

◆オリンピックに影響されて、追い込み過ぎないように!

◆あなたは左右同じように、本当に動いていますか?

◆危険信号を早くキャッチしてください

◆足の甲が痛い→その理由と予防策

◆足の甲が痛い→その理由と予防策(その2)

◆健康のためのタイム目標でありたい

◆これから先、痛みや故障とならないために。

◆「足の甲が痛い」緊急調査!

◆そのうち、そのうちと思っている間に、大変なことになります

◆「足の甲が痛い」調査の分析結果

◆その程度でお帰りいただくわけにはいきません

◆自分の身体が教材であり、患者で先生でもあります

◆私は、20歳若く見られます!

◆病院へ行くべきかどうするべきか?

◆予防とは、検査に行くことでも、保険に入ることでもありません

◆背骨が曲がっている!

◆左手マウスで身体の歪み解消!

◆左手歯磨きで左右のバランスを整えよう!

◆身体と同じで柔軟な思考もお忘れなく!

◆湿布薬は効果あるのか?

◆足の親指が痛い!

◆「足の甲が痛い」解消法・・・シューズを変えてみる

◆ストレッチ不要論

◆知識があるとないの違いは大きい

◆ストレッチのし過ぎで痛めることはない

◆10/12(月・祝)FMラジオに出演します

◆なぜ筋肉痛になるのか?(ラジオ出演の補足)

◆整体は相性で効果が変わる


●自力整体

◆脛(スネ)が痛い

◆ふくらはぎが痛い

◆太ももや膝が痛い

◆足首・土踏まずが痛い

◆ひざが痛い→その1(お皿)

◆ひざが痛い→その2(太もも)


●膝(ひざ)ケア

◆走り始めの膝の痛み(その理由)

◆走り始めの膝の痛み(対処方法)

◆走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?

◆膝に痛みが出たらどうする?

◆膝の痛いところの解消法(押してみましょう)

◆膝関節のイラスト

◆体重が足の外側へかかるのは危険!

◆足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?

◆膝に悪影響を与えているのは「ひねり」

◆つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!

◆マラソンは膝のお皿に悪影響を与える

◆マラソンするなら、腸脛靭帯炎は知っておこう

◆走り始めに膝(ひざ)が痛い人の対処法

◆ひざを曲げると「ピキピキ」と音が鳴る

◆膝の屈伸テスト

◆膝の痛みを自分で治した方法

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(外側)

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(内側)


●関節の運動

◆ケガのないよう、注意して行って下さいね

◆肩関節の運動(その1、その2)


◆肩関節の運動(その3)

◆肩関節の運動(その4、その5)

◆足首の運動(その1)

◆足首の運動(その2)

◆膝関節の運動

◆股関節の運動(その1)

◆股関節の運動(その2)

◆股関節の運動(その3)

◆股関節の運動(その4)

◆股関節の運動(その5)

◆股関節の運動(その6)


●骨盤矯正

◆大元の原因は、骨盤にあり!

◆骨盤矯正は病院ではやってもらえない

◆骨盤矯正のホントの本当

◆骨盤矯正(骨盤歩き)

◆骨盤矯正(まっすぐ動かす)

◆骨盤矯正(横へ動かす)

◆骨盤矯正(平行に動かす)

◆骨盤体操-1

◆骨盤体操-2


●アイシングについて

◆アイシングとは?

◆アイシングの方法

◆アイシングの目的は冷やすことではない

◆アイシングが逆効果?

◆冷やす→温めるを繰り返すと、さらに良い

◆シャワーでアイシングする方法

◆アイシングの目的をはっきりさせよう


●コンプレッションウエアについて

◆痛みを道具でカバーするのは間違っている

◆筋肉の補助を外したら、また痛みます

◆レース用シューズ、レース用ウエア


●ストレッチに役立つ右脳の動かし方

◆「ジョギングがつまらない」という相談

◆感動する心が若さを保ち、ストレッチにも役立つ

◆筋肉にセンサーを動かしてみよう!

◆想像力を養う遊び(その1)

◆想像力を養う遊び(その2)

◆想像力を養う遊び(その3)

◆想像力を養う遊び(その4)

◆筋肉は浅いところと深いところがある


●楽に長く走る方法

◆楽に走りたければ、走らないこと・・・その真意は?

◆楽に走る方法(エンジョイラン走法)

◆1、二本のレールをイメージして進む

◆2、体重移動で身体を前へ進める

◆3、足はまっすぐ出す

◆4、身体の重心の真下に着地する

◆5、内股に体重を乗せる。

◆6、足首、つま先などを使ってキックしない

◆7、着地時に地面を押さない

◆8、前に出した足を引き付けるようにしない

◆9、身体は水平移動のイメージ

◆10、骨盤移動で前進する

◆11、呼吸は日常生活と同じ

◆11の2・・・6拍子呼吸法

◆12、腕は楽に力を抜く

◆13、きれいなフォームより、ケガをしないフォーム

◆13の2・・・正しい姿勢を目指す必要なし

◆膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由

◆膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

◆2本のレールの上を進む具体的な方法

◆走るという、固定概念を捨てること

◆歩く時も走る時も、小股です

◆このコツさえ覚えれば、楽に長く走れる

◆筋力ではなく、技術でもなく、コツを覚える

◆後傾姿勢は効率が悪い

◆前傾姿勢を覚えるための、邪道なやり方

◆エンジョイラン走法における、上り坂の攻略法

◆膝の屈伸力で全体重をうまく受けると楽になる

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・1)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・2 「ピョンピタ」)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・3「ひざを考える」)

◆マイナビニュースでコラムを書き始めました

◆なぜ、華奢な身体でも大丈夫なのか?

◆体軸のバランスをテストしてみよう!

◆マイナビニュースでのコラム第2回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第4回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第5回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第6回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第7回目UPされました

◆6拍子呼吸法の詳細

◆マイナビニュースでのコラム第10回目UPされました

◆痛くても走るか?止めるか?その基準は?

◆つじつま合わせができると完走できる


●マラソン・ノウハウ

◆こまめな水分補給って、具体的にどれくらい?

◆梅肉チューブで塩分補給!

◆フルマラソンにおける、体力低下イメージ

◆なぜ、フルマラソンが完走できないのか?

◆身体の耐久力を鍛える?それとも・・・

◆耐久テストで現れた欠陥!

◆必ずコースの試走をする

◆長時間、長距離走を経験するべし!

◆徐々にタイムを縮める、少しずつ距離を伸ばす

◆完走できなかった悔しさが力になる

◆「フルマラソンを完走できませんでした」という相談

◆プロとアマチュアのフォームは違っていて当たり前

◆走り始めがしんどい

◆「練習では43km走るのに、大会ではリタイヤ」という相談

◆夜ランの灯り、ライトを持つ?

◆マラソンに、いろんな練習方法は必要なし!

◆マイペース走&マイテンポ走で、楽に長く走る

◆苦しい時には、自分のテンポ曲を思い出す

◆心拍数、スポーツ心臓とは?

◆有酸素運動、無酸素運動とは?

◆美容と健康のためにマラソンを!

◆脂肪が燃焼するって、どういうこと?

◆ダイエットするなら、空腹ランニング

◆ランニング中の鼻水、どうする?

◆寒い日になぜ鼻水が出るのか?

◆映像に撮ると「自分の走るクセ」が良く分かる

◆NHKテレビ「3か月でフルマラソン!」始まる

◆300kgの重りが、1時間で5,000回も膝に衝撃を与える

◆トレッドミルだけのトレーニングで、フル完走が可能か?

◆ウォームアップを必ず行う

◆路面から受けるストレス(路面の傾斜)

◆路面から受けるストレス(路面の凸凹)

◆路面から受けるストレス(路面の段差)

◆テレビ番組を鵜呑みするのは危険です

◆何も変えていないのに、肩が痛みだした

◆水分補給は、のどが渇いてから

◆塩分補給をこまめに

◆「低ナトリウム血症」で、死亡者も発生

◆発汗量と脱水率の計算方法

◆練習後は喉が渇いて、コーラをがぶ飲みして困っている

◆サブフォー達成ならず・・・

◆奈良マラソン2012の反省&分析結果の報告

◆RUNNET(ランネット)混雑時の必勝法

◆勝手気ままな、セルフ・トレーニング-1

◆9/29(日)奈良マラソンの分割試走(26.3km)に行きます

◆意図的に力を抜くという、逆転の発想理論!

◆つま先着地は、かかとを着けず、つま先だけで着地するの?

◆大切なのは、自分の本当のリズム

◆練習で、42.195kmを一気に走ることがありますか?

◆まっすぐ行く?行かない?

◆RUNNET(ランネット)先着順受付必勝のコツ

◆RUNNET先着順受付で「失敗しない方法」2015

◆ある日突然痛みが出た

◆自分目線で足の出方をチェックしよう

◆自分目線で足の出方を修正する方法

◆下り坂がなぜ膝に悪影響を与えるのか?

◆ママチャリでもトレーニングに使えます。

◆アンクルウエイトで負荷を加える

◆マラソンは未来との戦い

◆花粉症対策/鼻と目

◆花粉症対策/のど

◆マラソン大会のネット受付は、今のままでいいのか?

◆マラソン大会の収支はどうなっている?

◆レース当日の雨、あなたならどうする?

◆テーピングのお陰で、奈良マラソン2015完走しました

◆関節は硬い方が良いのか?

◆寒い日の走る前のウォーミングアップに踏み台昇降

◆フルマラソンが完走できないとのお悩みをいただきました

◆追い込んでいるのに結果がついてこない

◆初フル参加へのアドバイスお願いします

◆マラニックは疲れるのにおススメする理由

◆どうしてもサブ4達成したい!というご相談

◆GPS機能付ランニングウォッチの買い替え

◆天国か地獄か?その差ってなんですか?

◆ランニングフォームは何を信じたらいいのか?

◆スタミナ切れの原因

◆心拍数を抑えるために、6拍子呼吸法

◆人体を理解すると、動きやトレーニングにだいぶ差が出る


●ひとりでする、ランニングフォーム改善方法

◆改善方法(その1)

◆改善方法(その2~観察)

◆改善方法(その3~スロー)

◆改善方法(その4~意識化)

◆改善方法(その5~ひとつずつ)

◆改善方法(その6~左右対称)

◆改善方法(その7~足音を気にする)

◆改善方法(その8~わざと間違ってみる)

◆利き手、利き足の関係(その1)

◆利き手、利き足の関係(その2)

◆利き手、利き足の関係(その3)

◆一度聞いただけでできたら苦労しない

◆知らず知らずにランニングフォームが変わっていく原因

◆路面の傾斜が原因でフォームが変わっていく

◆フォームの修正は、クセの修正でもある


●故障からの脱出方法

◆年齢を考える


◆速度を考える

◆速度を考え直す

◆回復を待つ

◆隠さないで打ち明ける

◆故障の原因を探る

◆重心を考え直す

◆リハビリは、ウォーキングから再開する

◆知らず知らずのうちに、間違ったフォームになっている

◆痛みの原因を自分で見つけ出すと改善は早い

◆人は人、自分は自分!

◆負けても楽しい接し方

◆失敗から教訓を得る

◆習慣を変えるのは困難?

◆痛みが反対側に現れる!?

◆痛みのあるところに原因があるとは限らない

◆故障で走れない間はどうするのか?

◆転んでもただでは起きない

◆リハビリランは、「歩き」をたっぷり交える

◆膝が痛くなった原因を探ってみました

◆WALK&RUNで、楽に長く行ける!

◆WALK&RUNが楽な理由

◆2種類のRUNで、歩かず走りきる方法

◆実年齢と気持ち年齢のギャップ

◆故障から練習再開する際に注意することは?

◆マイナビニュースで「腰痛改善」コラムを始めました。

◆肉離れで全治3週間からの再開方法


●マラソン・ノウハウ(大会準備)

◆大会当日に初めて身に付けるのは危険

◆表を持って走り、通過タイムでペース確認する

◆あなたのトイレラップは何分?

◆時間計算の相棒

◆予想タイム表

◆ラップタイムをどこで計りますか?

◆私のマラソン大会・必需品

◆私のマラソン大会・必需品(その2)

◆レースでは何を身につけて走る?

◆ボトルポーチを改良して重量分散

◆レース直前は、栄養源を身体に蓄えよう!

◆マラソン大会にエントリーするのもネットから

◆参加賞と完走メダルは、本当に有難いのか?


●マラソン・ノウハウ(大会当日)

◆レース中にできるストレッチ

◆レース中の栄養補給に、ゼリー飲料持参

◆マラソン途中から足が動かない・・・解決法

◆ガス欠=スタミナ切れを起こさないために

◆失速しない走り方、方法

◆スタート前の寒さ対策

◆服が擦れて痛い、切れる、血が出る。

◆大会当日のウォーミングアップ

◆奈良マラソン、完走しました(休まず走り切ろうとすると失敗する)

◆私の奈良マラソン2011分析グラフ

◆ハイタッチで、お互い勇気をもらい合う!

◆給水ポイントのテーブルは複数ある

◆給水コップの上を鷲掴みすると、楽に飲める

◆名前入りゼッケンは、元気100倍!

◆リタイヤした場合、そのまま自宅へ帰ってもいい?


◆マラソン大会途中、前を行くランナーが倒れた!どうする?

◆給水ポイントで体力回復を狙うのが一番

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その1)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その2)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その3)

◆ビニール袋2枚を重ね着して防寒対策で成功


●靴の履き方・選び方、インソール

◆あなたの靴の履き方は間違っている

◆靴の選び方

◆マラソンシューズの寿命はいつ?

◆靴下はどんなのを履く?

◆足の甲が痛い/靴の履き方で解消するワザ

◆インソールを入れ替える必要はあるのか?

◆インソールを途中で入れ替えると、シューズの寿命は延びるのか?


●折れない心の作り方

◆コース作り

◆同じコースを何度も走る

◆ペースを落とす

◆タイムを記録する

◆悪魔のささやきを断ち切る

◆お願いしたら、お礼に行くのが礼儀です

◆目標は他人に宣言するから達成できる

◆楽しさを見いだせなくなったら、お散歩ラン!

◆他人は他人、自分は自分。


●三日坊主からの脱出方法

◆1・記録を付ける


◆2・ぼちぼちやりましょ

◆3・とにかく出てみる

◆三日坊主は、三日やるから続かない

◆動機は不純な方が続きやすい

◆継続するには、目標を設定すること

◆マラソン始めたら、周りに言い触らしましょう!

◆通勤ランをする人

◆休日ランだけで、サブフォー達成した人

◆深夜ランのライフスタイルしかできない

◆早朝ランで規則正しく

◆寒さと億劫で走る気力がない時の解決法


●栄養、食事

◆スポーツドリンクは飲みにくい?

◆アイソトニック飲料とハイポトニック飲料とは?

◆人の体液と同じ浸透圧だから吸収率が早い

◆サプリメントは必要?それとも無駄?

◆ミネラル不足とは?

◆疲労回復のために、タンパク質を摂る

◆BCAAとは?

◆アミノ酸を摂り過ぎると太る?

◆プロテインは必要か?

◆ハンガーノックとは?

◆栄養ゼリー1本で17分

◆栄養ゼリーは薄めると飲みやすくなる

◆ミネラルウォーターで、ミネラル補給ができる

◆塩分補給には、天然塩がおススメ!

◆鉄分とは?

◆カルシウムをサプリメントで摂り過ぎると危険

◆バナナの保存方法


●夏対策

◆汗でベトベトにならない夏仕様ボトルポーチ

◆夏をおろそかにすると負ける

◆熱中症の原因

◆吸汗・速乾のポリエステル100%と、綿100神話


●ランニングイベント

◆第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ

◆第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!

◆「第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ」 開催しました

◆「第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!」 開催レポート

◆第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏

◆「第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏」 開催レポート

◆第四回・奈良名所巡りエンジョイランニング~矢田丘陵から大和の国を見下ろす絶景と斑鳩の里

◆9/19(月・祝)第四回奈良名所巡りエンジョイランニングは雨天中止

◆第5回・奈良名所巡りエンジョイランニング~箱庭のようなのどかさ満喫の柳生街道と石仏の名作


●エンジョイラン・販売物

◆エンジョイラン商品化第1弾!DVD 5/1発売!

◆DVDの感想をご紹介します

◆エンジョイラン、ついに書籍化決定!

◆私の本、amazon「売り切れ」でご迷惑をおかけしております

◆私の本、楽天ブックス・デイリーランキング第1位!!

◆今日も、私の著書がランキング第1位です!

◆ウイークリーランキングで、第1位を獲得しました!

◆書店では、面陳列、平積み店も多数あります!

◆私の声でエンジョイランを聴いてみませんか~国立FM

◆増刷決定!発売から約半年です!

◆200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)

◆300万アクセス突破記念、DVD特別価格!(期間限定!)

私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ロゴ enjoyrun
管理人:りょう
奈良市在住の整体師

このサイトは、こんな人が対象です。
1、健康やダイエット
  のために走っている。
2、楽に長く楽しく走りたい。
3、フルマラソンを止まらず、
  歩かず、完走したい。
4、筋肉痛になりたくない。
  また、すぐ改善させたい。
5、疲労を溜めたくない。
  また、すぐ回復させたい。
6、怪我、故障をしたくない。

RYO整体院ロゴー中
奈良市南登美ケ丘14-12
グリーンヒル学園前105号
RYO整体院
TEL.0742-44-8667

奈良マラソンを走ろう バナーロゴ


アクセスカウンター(TOTAL)
  • 累計:

300万アクセス突破!
   →2015年10月27日

200万アクセス突破!
   →2014年4月24日

100万アクセス突破!
   →2012年12月19日

スタート
   →2011年7月5日

バナー お問い合わせ

バナー メルマガ登録始めました



DVD発売中!

お風呂で毎日できるかんたんマッサージ/ジャケット
筋肉痛改善DVD
好評発売中!

facebookはじめました

最初から毎日書き続け、7/3で365投稿達成しました。今後は、毎週月曜日更新+αくらいで書いていきます。日付の上にマウスを持っていくだけで(クリックしなくても)、その日のタイトルが表示されます。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ギャラリー
  • 第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
  • 第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
  • 第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
  • 第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
  • 第13回観光ラン・奈良名所巡りエンジョイランニング~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
  • あなたにとってマラソンとは何ですか?
  • 日々の練習の中で失敗が繰り返されていることに気付いてほしい
  • 信頼している人の話を信用するけど、それが正しいとは限らない
  • 「椎間板ヘルニア」「変形性膝関節症」の真犯人は別にいる
  • 「椎間板ヘルニア」「変形性膝関節症」の真犯人は別にいる
  • 「椎間板ヘルニア」「変形性膝関節症」の真犯人は別にいる
  • 問題!「ストレッチ写真の違い探し」
  • 問題!「ストレッチ写真の違い探し」
  • 問題!「ストレッチ写真の違い探し」
  • 問題!「ストレッチ写真の違い探し」
  • 問題!「ストレッチ写真の違い探し」
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 自分自身で違和感や痛みを取ることができた証
  • 仙腸関節に自力整体してみよう!
  • 仙腸関節に自力整体してみよう!
  • 仙腸関節に自力整体してみよう!
  • 仙腸関節に自力整体してみよう!
  • 仙腸関節に自力整体してみよう!
QRコード
QRコード
走った距離時間を記録するサイト

時速と、1km当りの距離数は
どちらも自動計算してくれます。

RUNNET
■大会へのエントリー可能
■日常の記録を残す
・距離、高低差の表示可能
・自動計算
・グラフ化

JogNote
■日常の日記を残す
・距離表示可能(高低差表示なし)
・自動計算
・グラフ化

著作権について
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」に掲載されている文章や写真、イラスト、画像などの著作権は、管理人「りょう」にあります。 ●「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。 ●利用許諾については、メールにてお問い合わせください。
当サイトへのリンク
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクは、原則としてご自由に設定していただいてかまいません。承認のための連絡は不要ですが、コメント欄、もしくはメールにて報告いただけますと幸いです。●トップページ以外へのリンクは予告なしにファイル名を変更することがありますのでご注意ください。トップページのアドレスは、http://enjoy-run.comです。 ●リンクを設定する個所には、「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクである旨を明記してください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


  • ライブドアブログ